食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関
児童学科
児童学科小学校教員養成コース メイン写真

  • 取得可能な免許状・資格
  • ●小学校教諭一種免許状
  • ●幼稚園教諭一種免許状
  • ●日本心理学会認定心理士資格
  • ●レクリエーション・インストラクター資格
  • ●社会福祉主事任用資格
    任用資格とは、特定の職業・職位に任用されるための資格のことで、該当任用資格を取得後、当該職務に任用・任命されて初めて効力を発揮する資格である。



学科からのメッセージ

児童学科 学科長 渡邉 淳一 教授

渡邉 淳一 教授の写真

 少子化、グローバル化、情報技術革新など社会は急速に変化し続けており、子どもの豊かな成長を支える保育・教育の在り方は日々新たな課題に直面しています。
 児童学科では、豊富な実学機会と、発達や心理などを含んだ広範な研究を通して、学生のみなさんが課題の解を見つけて自己実現が図れるよう、個に応じたきめ細かい支援していきます。子どもにかかわる分野の優れた専門性と実践力を身に付けたい人、保育・教育を通じて地域社会に貢献したい人、子どもが好きで子どもにかかわる仕事がしたい人、ぜひ児童学科においでください。


学科の概要

子どもの発達と教育、支援に関する 幅広い視野と高い専門性に加え、 実践力を兼ね備えた教員・保育士を養成します。


 変化の厳しい現代社会では、子どもの成長はわが国の発展にとって重要な課題になっています。一方で、子どもにふさわしくない生活リズムや学習意欲の低下など、教育の危機も叫ばれています。このような状況の中で、大人の責任は子どもが未来に明るい展望を持てるようにすることではないでしょうか。
 そして、みなさんがめざしている保育士や幼稚園・小学校の教員は、自分が学び身につけたものをもとに、子どもが人と心を通わせる喜びや学ぶ楽しさを味わえるようにしていく仕事です。それは、私たち自身が様々なことを身につけ、自分を磨き、魅力ある人間になることによって初めてできるようになるものです。
 児童学科では、子どもに関わる仕事において必要な「ちから」をつけられるよう、様々な角度から取り組んでいます。とにかく子どもが好きで、子どもの成長を援助したいという人、まずは児童学科に集まってみませんか。そして、同じ志の仲間とともに学んでいきましょう。

学科特徴

大学2年次からコースを選択します
教育現場の「今」を感じる現場体験学習を重点強化
1年次の「実践力基礎演習」、2年次の「ボランティア実習」、また3・4年次には「体育科教育法研究」、「教職実践演習」等で、4年間を通して学校現場と連携した学習を行います。
各種採用試験対策も充実
元校長・元園長の教員を中心に様々な課外講座を設けており、充実したサポートを受けることができます。
人間理解と援助に欠かせない心理学も体系的に学べます
基礎的な実験からカウンセリングまで、人の行動や心を読み解き援助するアプローチを学ぶことができます。

心理学の基礎知識と基礎技能を修得する認定心理士

 コース共通の授業として、心理学について体系的に学ぶことができることも大きな特徴です。虐待・不登校・いじめ問題など、近年は教育と保育の現場で心の問題がクローズアップされています。また、保護者の子育てに関する悩みや疑問に寄り添い向き合うことも、教育者・保育者には求められています。
 認定心理士の基礎科目では、心理学の研究法や技法の授業を通して、「心」の科学的な探求方法を学びます。発達心理学・臨床心理学・家族心理学・カウンセリングといった様々な心理学の理論を学ぶことで、教育・保育における専門知識をより深く理解し、実践力を一層高めることができます。

職業イメージを具体化する「実践力基礎演習」
1年次では、小学校・保育所・幼稚園・社会福祉施設の4 箇所へ全員が見学実習に行きます。実際に現場を見ることで、職業イメージを膨らませ、大学での専門的な学びへと繋げていきます。
また、見学実習の他にも、教員採用試験や公務員試験に必要な一般教養に関する授業を受けたり、元教員の先生方・試験に合格した先輩達の講話を聞いたりするなど、様々な活動が行われています。
現場で活動しながら学ぶ「ボランティア実習」
2年次では、津山市内の小学校・保育所・幼稚園で毎週ボランティア実習を行います。実際に子どもと関わり、先生方の活動を見ることで、大学で学ぶ専門知識の理解をより深めることができます。
また、実際に活動することで、自分が専門職になる上で何が足りないか、についても理解しやすくなります。なお、希望する学生は3 年次以降も継続してボランティアを行うことが可能です。

教育目的・目標・ポリシー

教育目的・目標

 子どもを取りまく社会環境の変化や子どもの意識・行動の複雑化、多様化等に対応した教育の推進を通じ、保育、教育および子育て支援の分野において優れた知見と実践的・応用的能力を身に付けた、地域社会に貢献できる専門的職業人の養成を目的としています。
 この人材養成の目的を達成するために、次の4点を教育目標として掲げています。
子どもの心理・発達、児童文化、教育学等子どもへの理解を深める学習を基礎に、模擬授業の積極的な導入、教育現場との連携を密にした教育により、幼稚園・小学校教諭としての資質の向上や実践的・応用的能力を養う。
乳幼児を中心とする子どもの発達、人間形成についての学習を基礎に、福祉の知識や援助技術の習得により、子育て支援について保育者としての優れた知識と実践力を養成する。
発達支援や臨床心理等の心理系科目の充実、そして現場との連携を密にすることにより、子どもの心の問題に対処できる能力を養成する。
学生が主体的に取り組む学習を展開し、保育・教育の現場で求められる課題設定能力と解決能力を養う。

アドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

 アドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーは下記のページをご覧ください。
  児童学科のアドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー


本文の先頭へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る


本文の先頭へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

小学校教員養成コースがめざすもの

小学校教員養成コースがめざすものは、
幅広い専門知識と深い洞察力を持った先生。


 「知識基盤社会」と言われる現在、学校現場には複雑な課題が多くあり、教員には教育に関する基礎的・基本的な知識・技能だけでなく、主体的に思考し他者と協働する力や学び続ける力などが求められています。
 このような現状を見据え、本学では、地域の小学校で実際に児童と関わる演習・実習を1年次から4年次まで段階的に行っています。これにより、児童と触れ合う歓びや教科指導・生徒指導の難しさを肌で感じることができます。また、小学校の先生方や地域の方々との交流を通して、教員を目指す自分自身の課題も明確化します。そして、大学で課題に関連した専門的内容を能動的に学習し、再び地域の小学校で実践するといった循環的学習を通して、これからの教員に必要な「課題解決力」や「主体的に学び続ける力」などの柔軟で幅広い実践力の獲得をめざしています。

本文の先頭へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

Close Up! 児童学科の特色

児童学科では、学内の講義だけではなく、 スポーツ教室や協力小学校での模擬授業を通して、 子どもたちとふれあい、間近で接する 貴重な体験の場が用意されています。

1,スポーツを通じて学ぶ子どもたちとの「美作クラブ」

スポーツセンター主催で行われている児童運動教室、通称「美作クラブ」では本学科津田准教授と谷口講師、幼児教育学科の松坂教授の指導の下、小学生にさまざまなスポーツの楽しさを教えています。
ここに全学年総勢約50名に上る学生がスタッフとして参加し、スポーツ指導の方法、子どもとの関わり方を学んでいます。子どもたちと直接関わるので、講義だけでは学べないことがたくさん学べ、教師になりたいというモチベーションも一段と高まります。その証拠に、多くのスタッフOBは教員採用試験に現役合格し、それぞれの現場で活躍しています。 

元気な子どもたちとスポーツを通して楽しくふれあえる時間
元気な子どもたちとスポーツを通して楽しくふれあえる時間

元気な子どもたちと、スポーツを通して楽しくふれあえる時間

2,グアムの小学校での貴重な文化交流を毎年実施

毎年3月に津田准教授が中心となり、約40名の学生と共にグアムの小学校を訪れ、文化交流を行っています。英語を使って折り紙や、剣玉、また日本の食文化についての授業を行い、お礼に子供たちからグアムのダンスや歌を教えてもらいます。海外の子供達との交流を通じて国際的視野を持つと同時に、間もなく始まる小学校の英語必修化に向け、語学力を高めることもできます。

グアムの小学校での貴重な文化交流

3,「みまさか子育てカレッジ」で親子遊びを体験

児童体育の授業では、社会福祉協議会主催の子育て支援講座の一環として、3歳未満児とその親を対象とした「親子遊び」を行っています。体育館内に場所を設営したり、遊具を手作りしたりすることからはじめ、幼い子どもと遊んだ経験は、学生にとって子どもとふれ合い、子どもについて学ぶ貴重な機会となっています。

親子遊び
親子遊び

4,実際の小学校で実施する「放課後補充学習」

小学校教員志望の4年生が週に1回小学校を訪れ、小学生に算数を教えています。事前に指導案を作り、教員の指導を受けます。実践は録画し、映像を見ながら反省会も毎回行われます。1年間を通じて算数の授業を行うことによって、実際に現場で授業をする際の基礎となる授業構成力を培っていきます。また、アシスタントティーチャーとして現場の先生の授業に参加できます。授業以外でも、給食・掃除・休み時間等、様々な形で学校と関わっていきます。

寺子屋教室
寺子屋教室
本文の先頭へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る