食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関

現在位置 : トップ > 【学校紹介】学校情報

ここから本文

学校情報一覧

  

学校情報 : 図書館に置いてほしい本を本屋で選ぶ企画“ブックハンティングツアー”を開催しました

掲載日時:2017-05-15 18:15:38

5月13日、図書館に置いてほしい本を本屋で選ぶ企画“ブックハンティングツアー”(図書館ボランティア主催)を開催しました。

詳細は図書館のサイトをご覧ください。
http://mimasaka.jp/library/modules/news2/article.php?storyid=87

学校情報 : 「自分の身を守る」をテーマに1年次セミナーを開催しました

掲載日時:2017-04-25 17:47:38

 4月22日、1年次合同セミナーが100周年記念館で行われ、大学・短期大学部の1年生・編入生346人が「自分の身を守る」をテーマに、食生活やからだのこと、消費生活や薬物防止について学びました。
 
 午前中は本学の教員による講義で、食物学科教員の森本恭子先生、スクールカウンセラーの和田百合子先生、健康保健センターの井上治子先生がそれぞれ、健康的な食生活を営むためのポイントや、精神面と身体面から自分の身を守る方法を説明しました。
 午後からは、岡山県消費生活センター消費生活相談員の佐藤素子先生、岡山県警察本部少年サポートセンター警部補の樋口敏行先生と少年補導員の筧美里先生を講師としてお招きし、それぞれ消費生活や、防犯・薬物防止についてお話いただきました。佐藤先生はかしこい消費者になるためのポイントを解説し「生活の中でアンテナをはって、世の中の動きを把握しておくことが大事です」とアドバイスされました。

 食物学科1年のアヒンバレ ココ イミナさんは、「この春から一人暮らしを初めた友人が多く、生活のことで不安なこともあると思うけど、役に立つ話がたくさん聞けたのでよかったです」と話していました。
 
 1年次セミナーは、大学・短期大学部の1年生・編入生を対象に年間を通じて開講される科目です。通常7〜10人程度の少人数のグループに分かれ、それぞれの担当教員のもと、レポートの書き方やプレゼンテーションなど大学での学びの方法、充実した大学生生活を送るための仲間との交流や、自分たちが目指す専門職としてのキャリアについて学びます。新生活が始まった直後のこの時期には、新入生が新しい生活に早く慣れることができるように、大学短大の全学科合同で「自分の身を守る」と題して様々な講座が開講されています。
1年次セミナーの写真
1年次セミナーの写真
1年次セミナーの写真

学校情報 : ゴールデンウィークの休業期間について(4/29〜5/7)

掲載日時:2017-04-24 09:50:03

◆休業期間について
4月29日(土)〜5月7日(日)は事務局を休業します。この期間中はお電話やメール等のお問い合わせの対応、郵便物・宅配便の受け取りができませんのでご注意ください。
※5月1日(月)と2日(火)は、平日ですがお休みとさせていただきます。

◆休業期間中の資料請求について
【本学WEBサイトのフォームから資料請求】
4月27日(木)以降の資料請求につきましては、新年度版大学案内・募集要項の予約受付となります。5月中旬より随時発送していきますので、今しばらくお待ちください。

【テレメールで資料請求】
ゴールデンウィーク期間中は旧年度版の大学案内を送付します。尚、ゴールデンウィーク明けから、新年度版の大学案内に切り替えてお送りします。

学校情報 : 新入生歓迎イベント「オリエンテーションセミナー」を開催しました

掲載日時:2017-04-18 14:14:37

 4月5日〜7日は、オリエンテーションセミナー(オリゼミ)を開催しました。

“オリゼミ”とは、新入生が一日も早く学校に馴染むことができるよう願いを込めて先輩たちが企画する新入生歓迎イベントです。学科ごとに、大学紹介やレクリエーション、宿泊研修などの楽しい企画を行いました。

食物学科

 食物学科の目玉は調理実習です!先輩たちに教わりながら、とってもおいしそうな食事ができあがりました。また、調理だけでなく、衛生面や栄養価など、調理実習を通して多くのことを学びました。そして、レクリエーションや、サントピア総社での宿泊研修で交流を深めました。
オリゼミの写真オリゼミの写真
オリゼミの写真オリゼミの写真


児童学科

 児童学科は学内でゲームや学内探訪などをしたあと、岡山県の「友愛の丘」へ宿泊研修に出かけました。友愛の丘は豊かな自然に恵まれた研修施設・キャンプ場です。新入生たちは火起こしや飯盒(はんごう)炊飯を楽しみました。
オリゼミの写真オリゼミの写真
オリゼミの写真オリゼミの写真



社会福祉学科

 岡山市にある「岡山市立少年自然の家」で宿泊研修を行いました。美作福祉部隊リカイヒロメタインジャーの劇や、高齢者・障がい者の疑似体験など、今後の勉学に役立つ企画が満載です!最終日は学内でオリエンテーションを行い、上級生による学生生活の話を聞いたり、校内探訪をしたり…しっかりと親睦を深めました。
オリゼミの写真オリゼミの写真
オリゼミの写真オリゼミの写真


栄養学科

 学内でレクリエーションをしたあと、美作三湯のひとつである「湯郷温泉」に行ってきました。湯郷グランドホテルでは、「おもてなし講座」として調理場研修や和食配膳実習などを行いました。宿泊研修を終えた最終日は学内見学やグループ別ディスカッション等を行いました。
オリゼミの写真オリゼミの写真
オリゼミの写真オリゼミの写真


幼児教育学科

 幼児教育学科のオリゼミは、エプロンシアター・紙芝居・歌・レクリエーションなど楽しいイベントが盛りだくさん☆1日目はこれらのイベントで交流を深め、2日目は倉敷の美観地区へ散策に出かけました。
オリゼミの写真オリゼミの写真
オリゼミの写真オリゼミの写真


専攻科介護福祉専攻

 専攻科は児童発達支援センター「玉野つつじねっと」や、岡山共育・協働センター「でんでん」に行って施設見学をしてきました。施設見学では卒業生の話を直接聞く機会があり、充実した時間を過ごすことができました。
オリゼミの写真オリゼミの写真
オリゼミの写真オリゼミの写真


新入生のみなさんへ

 新しい環境で初めは緊張の連続だったと思いますが、大学生活をともに過ごす大切な仲間たちと交流を深め、少し肩の力も和らいだのではないでしょうか? 10日からは前期の授業が始まりました。たくさん勉強して、たくさん楽しんで、充実した学生生活を送ってください。 困ったときはいつでも先輩、先生、職員に声をかけてくださいね♪

学校情報 : 本学の「地域をキャンパスとした活動」に対して、津山ロータリークラブから助成金をいただくことが決定しました

掲載日時:2017-04-17 17:25:47

 津山ロータリークラブの創立60周年事業の一環で、本学の「地域をキャンパスとした教育活動」に対して、支援が行われることになりました。津山ロータリークラブより、本年度から5年間にわたり毎年50万円ずつ合計250万円の助成金をいただきます。

 4月8日に津山国際ホテルで開催された津山ロータリークラブ創立60周年記念式典にて、目録の贈呈がありました。ロータリークラブの苅田善嗣会長から鵜崎実学長へ記念事業目録が贈呈された後、鵜崎学長が苅田会長へ記念事業に対する感謝状を贈りました。
授賞式の写真授賞式の写真


本学が展開する「地域をキャンパスとした活動」
・市内の小学校の教育支援活動
・地域で行う3世代交流活動
・子育て支援
・食育、食品ロス削減の活動
・沖縄県人会、高知県人会等クラブ・サークルの課外活動 など
授賞式の写真授賞式の写真

学校情報 : イルミネーションが「津山市景観賞の奨励賞」を受賞しました

掲載日時:2017-04-13 13:05:26

 津山市の魅力的な景観を守る・創る取り組みを表彰する「津山市景観賞」で、本学のイルミネーションが奨励賞を受賞しました。
授賞式の写真

 3月29日に赤堀病院で行われた表彰式に、学園マスコットキャラクターのミマッパちゃんが参加し、宮地昭範市長から表彰状を受け取りました。続いて、選考委員の方から「美作大学のイルミネーションは12年の歴史があり、クリスマス期の風物詩として地域住民から親しまれています。それが授賞につながりました」と講評いただきました。表彰を受け、ミマッパちゃんは「地域のみんなにもっと愛される大学になるよう、頑張っていきたいです」と話していました。
授賞式の写真授賞式の写真

 イルミネーションは、幼児教育学科の学生たちが、子どもの夢を応援する保育者としての決意を新たにし、イルミネーションを通して、地域との交流を図ることを目的に、2005年から毎年12月に行っています。
<イルミネーション>
イルミネーション点灯式の写真イルミネーションの写真

イルミネーションの写真イルミネーションの写真

学校情報 : 津山信用金庫が入学式に出張相談窓口を開設

掲載日時:2017-04-11 11:23:44

窓口の写真


 津山信用金庫が4月3日の入学式当日に出張相談窓口を学内に設置されました。入学式の前後に、新入生とご家族の方々が相談に訪れ、口座開設や教育ローンについて相談し、行員からのアドバイスを受けました。

 この事業は、平成26年度に締結した津山信用金庫と美作学園の「産学連携の推進に係る協定」事業の一環として実施されています。今後も新入学生の新生活のサポートのため、定期的に相談窓口を設置していただきます。

学校情報 : 平成29年度入学式 学長式辞

掲載日時:2017-04-04 15:35:14

平成29年4月3日
美作大学・美作大学短期大学部
学長 鵜崎 実
 


入学式の写真


 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
本学を代表して、皆さんの入学を心からお祝い申し上げます。
 ご家族や関係者の皆様、たくさんのご列席いただきまして、ありがとうございます。
心より、お祝いとお喜びを申し上げたいと思います。

 また本日は、宮地昭憲津山市長をはじめ、多くのご来賓の方々にご臨席を賜り、誠にありがとうございます。日頃より本学並びに学生たちをお支えいただいてますこと、心より御礼申し上げます。

 さて、美作大学と美作大学短期大学部には、今日、350名の皆さんが入学されました。また短期大学部専攻科に5名、大学院生活科学研究科修士課程に1名が入学されました。地域別に見ると、地元美作地域からは104名、高知県から61名、島根県43名、沖縄県37名、鳥取県25名、香川県14名、愛媛県13名などとなっています。このように本学の入学生は、地元はもとよりですが、中国・四国地方から沖縄まで全国の広い範囲から入学をいただいています。

 多くの学生は、親元を離れて生活することになります。またご家族の皆様もこれまで大切に育てられたお子様を手元から離すことで、心配や不安もおありかと拝察いたします。そのような思いを越えて、みまさかヘの進学の道を選んで下さったことに対し、心より感謝申し上げたいと思います。そして、私たちは、在学生とともに皆さんの不安を受け止め、全力で本学へお迎えしたいと思います。

 多くの不安がありながらも、皆さんが、本学への進学を選んだのは、将来の自分の夢が実現できると、本学ヘの期待と信頼をいただいてのことと思います。
 実際、本学の卒業生の多くが、それぞれの資格や免許をとって、病院や福祉施設、保育所、幼稚園、学校などの暮らしを支える職場で働いており、それぞれの地域で、また各分野で責任ある地位で活躍している卒業生もたくさんいます。

 今年2017年は、美作大学創立50周年の年となります。この長い歴史は、“食と子どもと福祉”の分野において、地域の暮らしを支える人材を育成する大学、短大へと成長し、高いレベルで教育実績を上げることができるようになりました。今では“地方大学の雄”と呼んでいただける存在に近づきつつあると自負しているところです。

 皆さんは、入学前に自分の夢や将来を考え、ご家族とも相談の上、入学されたと思います。それだけに目標をしっかりもって、ここに居られます。私たち教職員は、そのような学生の思いを知って教育にあたってきました。その中で、学生を大切にする校風が生み出され、教育への情熱を培ってきた。それが本学の長い歴史です。しっかりとした目標をもった学生たちと熱い教育者魂をもった本学教職員の両者の合作により、美作には、高い教育力が備わって来たのです。明確な目標と強い意欲をもっている学生にとっては、本学は、二つとない学びの場であり、あなたたちを決して裏切ることはないでしょう。
 社会に役立つ専門性を持つことは、それほどたやすことではありません。しかし大学・短大というところは好きな勉強ができるのです。好きではないとしても、自分に必要な勉強ができるところです。こんな幸せはことはありません。

 皆さん、大学4年間、短大2年間を、しっかりと学んで、自分の生きる力にして欲しいと思います。学生生活はご家族の皆様もびっくりする程、あなたたちを大人にします。大学には多くの人との出会いがあり、それもあなたたちを育てます。本学の学生は9割以上がクラブサークル活動に参加しています。課外活動もまた学びの場です。
 各学科の教育課程での学びと課外活動での学び、本学は学びの宝庫です。存分に学生生活を送って下さい。必ず、あなたの人生の糧となるはずです。

 心より皆様の入学を歓迎いたします。
これをもちまして、入学式の式辞といたします。

学校情報 : 【入学式】356人がそれぞれの夢へ第一歩を踏み出しました

掲載日時:2017-04-04 15:24:16

 4月3日、入学式が本学体育館で行われ、356人がそれぞれの夢へ第一歩を踏み出しました。

入学式 第1部

入学式の写真入学式の写真

 新入生代表が「本学の学生として、高い知識と豊かな教養を身につけ現代社会の課題に積極的に関わり、貢献できるよう努力することを誓います」と宣誓しました。続いて、鵜崎実学長が「本学は学びの宝庫です。存分に学生生活を送って下さい。必ず、あなたの人生の糧となるはずです」と式辞を述べました。

在学生による歓迎
 高知県人会と沖縄県人会の在学生がそれぞれよさこいとエイサーを披露し、新入生を歓迎しました。高知県と沖縄県出身の学生がたくさん入学していることもあり、とても盛り上がりました。
入学式の写真入学式の写真


入学式 第2部

 第2部は学生が中心になって、新入生を迎えます。学友会会長の村田彩乃さん(食物学科3年)が「美作大学は食と子どもと福祉の専門家を養成する学校です。皆さんには、それぞれの学科で専門知識を蓄えると同時に豊かな人間性を養ってほしいです。これから、この美作大学で私たちと共に学び、共に成長できるように頑張りましょう」と歓迎の言葉を述べました。
また、新入生が、新しい生活に少しでも早く慣れるよう、学内紹介ビデオの上映や在学生による学生生活の紹介が行われました。

入学式終了後

 体育館の外や校舎の玄関には、陸上部、バスケットボール部、沖縄県人会、高知県人会、軟式野球部などたくさんの部活動・サークルの先輩たちが新入生を待ち構え、歓迎ムード一色になりました。
入学式の写真入学式の写真


最後に

 新しい学校、新しい生活、新しい友だち。
たくさんの期待と希望を胸に新しい生活をスタートさせたことと思いますが、さまざまなことにチャレンジして、光り輝く大学生活を送ってください。そして、ここで出会う仲間たちが、かけがえのない仲間となることを願っています。
悩んだとき、迷ったときはいつでも先輩や教職員に声をかけてくださいね。
入学式の写真入学式の写真入学式の写真入学式の写真

学校情報 : 本学の研究成果を集積・保存するリポジトリ「みまリポ」を公開しました

掲載日時:2017-04-01 09:44:37

 本学のリポジトリを公開しました。
愛称は「みまリポ」です。

 リポジトリは、研究論文や調査報告等の研究成果を集積し、保存公開するための電子書庫です。みまリポを通じて、研究成果へのオープンアクセス化を図ることにより、知の拠点として社会に貢献していきます。

 ぜひご活用ください。

【以下のバナーをクリックしてアクセスしてください】
ミマレポ
(1) 2 3 4 ... 78 »
本文の先頭へ戻る学校情報の一覧へ戻るカテゴリの一覧へ戻る