Home>学部・大学院>食の分野について>食物学科>学科トピックス>マルイ共同開発弁当がお弁当・お惣菜大賞にて入選しました

食の分野

食物学科

[管理栄養士養成課程]

マルイ共同開発弁当がお弁当・お惣菜大賞にて入選しました

2018年02月16日食物学科

 

食物学科と食品スーパー マルイの共同開発弁当「からだ想いのごちそう弁当~鯖のマリネとレンコン団子~」が、お弁当・お惣菜大賞2018(一般社団法人新日本スーパーマーケット協会主催)にて、約52,000点の応募の中から、ヘルシー部門に入選しました。

 

写真:マルイ店内で弁当を販売する学生と、売り場を見る買い物客

写真:陳列された弁当

 

共同開発弁当は2014年から毎年入賞または入選しており、今回で連続記録を5年に伸ばしました。

 

2018年 入選
(ヘルシー部門)
「からだ想いのごちそう弁当~鯖のマリネとレンコン団子~」
(エントリー総数52,283件、部門2,411件)
2017年 最優秀賞
(ヘルシー部門)
「秋薫る 30品目の色とり鶏 Bento」
(エントリー総数51,624件、部門2,411件)
2016年 優秀賞
(ヘルシー部門)
「かみかみサラダと塩麹鶏のオーブン焼きBento」
(エントリー総数50,283件、部門3,894件)
2015年 最優秀賞
(寿司部門)
「20品目の花咲きちらし弁当」
(エントリー総数44,746件、部門3,740件)
2014年 大賞
(ヘルシー部門)
「さんま竜田の彩食健美弁当」
(エントリー総数42,555件、部門464件)

 

写真:テーブルを囲んで座る学生6名と人見准教授、マルイ担当者4名。学生と人見准教授は白衣を着用している。

開発会議の様子

 

「からだ想いのごちそう弁当」は、開発にあたった人見研究室に所属する4年生(安道碧、添石成美、谷本みお、東穂香、森脇こと美、山口紗季)それぞれの出身地(沖縄、高知、島根、岡山、鳥取、兵庫)の「母の味」をイメージした内容となっており、学生たちが地元で親しんだ家庭料理の味を詰め込みました。『カラダ想い』には、自分たちの「故郷を想う」という思いも込められています。マルイと共同で会議や改良を重ね、中性脂肪を抑える食品や、健康的な食生活に役立つ和の食材を表す「まごわやさしい」を網羅した食材を楽しめるように工夫されています。