実習・カリキュラム

管理栄養士養成課程がめざすものは、人の命を支え、健康に貢献したいという心を持ち備えたスペシャリスト。

管理栄養士養成課程では、質の高い技能を修得した管理栄養士の育成とともに、それを活かせる職への就業をめざしています。管理栄養士は、料理センスや調理技術も必要ですが、栄養の面から人の命を支え、“食”を通して、人々をより健康に幸せな生活ができるようサポートを行うスペシャリストです。その人その人の栄養状態が判り、必要とされる栄養をマネジメントできることが求められています。そのため、1年次から4年次まで全ての年次において、管理栄養士としての職業意識が高められるような機会を多く設定しています。また、栄養教育論や給食経営管理論などの実習において、コンピュータを活用した演習・実習を行い、現場の管理栄養士業務に即した実践力を養っています。
病院や福祉施設などでの栄養ケアマネジメントで必要となる臨床栄養学についても詳しく学習するほか、小学校、福祉施設、病院などでの臨地実習を行うなど、学生が管理栄養士としての生きた専門知識や技術を身につけることができるようになっています。国家試験対策として特別演習や集中ゼミも実施します。

全体の流れ

1年次

前期は、管理栄養士の仕事内容や役割、使命を理解(食物学演習)し、また生物や化学など専門教育の準備の科目を履修します。後期に入ると、専門基礎科目がグッと増えます。

2年次

前後期とも、管理栄養士養成課程の専門科目が中心になります。栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論など徐々に専門性が高まっていきます。

3年次

2年間学んだ専門教育を総合し、実践的に学ぶ臨地実習(3回)が学校、病院、保健所等で行われます。また教職課程の科目履修が本格化します。

4年次

4年生の生活は、管理栄養士国家試験の準備、卒業研究(選択)、就職活動が中心となります。
国試対策の勉強を通して、専門科目を総合的に復習します(栄養管理総合演習)。

授業紹介

1年次食品学実験

1年次では、管理栄養士に必須な栄養学を学ぶための基礎固めの授業が中心となります。
本授業では、食品学Iで学ぶ食品一般成分の定性・定量実験を行います。濃度計算・試薬取扱い・実験操作の習得に加え、食品成分検出反応の意味を理解し体験することで、講義で学んだ食品に含まれる栄養素や食品成分表に対する理解を深め、管理栄養士に必要な実践的応用力習得のための基礎固めを行います。同時に実験レポート作成を通し、科学的・論理的な考え方や論文執筆のための基本手法の習得も目指します。(渡邉 理江/准教授)

写真:食品学実験の様子

2年次給食経営管理論実習

特定給食施設を想定し、一連の給食実施計画を立案します。本学学生を対象とした栄養アセスメントを行い、献立計画に反映させ、品質を保証した給食を提供することにより、健康的な食生活を実践できるよう栄養教育を展開します。さらに、管理栄養士に求められる経営管理についても学び応用・展開できるマネジメント能力を習得する実習です。(森本 恭子/准教授)

写真:給食経営管理論実習の様子

2年次基礎栄養学実験

健康の保持・増進、疾病の予防・治療に携わる管理栄養士にとって、基礎栄養学は必須の学問です。本授業では、1年次に基礎栄養学で学んだ知識(栄養素の役割や機能、生体内での消化・吸収及び体内動態、生体に及ぼす影響など)をさらに深く理解するため、具体的な事象について実験します。単なる結果で終わるのではなく、就職先の病院や事業所、教育現場での栄養教育に具体的に生かしてしていくことを目的とします。また、実験器具の名称や操作・洗浄方法、試薬・溶液の作り方など、基礎実験に必要な知識について、オリエンテーションを実施します。(佐々木 公子/教授)

写真:基礎栄養学実験の様子

3年次臨床栄養学実習Ⅱ

病院管理栄養士の主な業務の1つとして、入院および外来患者への栄養教育や栄養ケアマネジメントがあります。
本実習では、傷病者に対する栄養教育・栄養ケアマネジメントをテーマとし、糖尿病食事療法のための食品交換表などの栄養教育に使用するツールの使い方、入院患者の栄養アセスメント、栄養ケアプランの立案、栄養ケア記録などの技術の修得をめざします。(芳野 憲司/講師)

写真:臨床栄養学実習Ⅱの様子

カリキュラム

基礎教育分野

一般教養を養い専門的知識を支える基礎教育カリキュラム
(基礎教育分野のうち食物学科基礎科目)

学科基礎科目
学年 前期 後期
1年次
  • 基礎化学Ⅰ
  • 基礎生物学Ⅰ・Ⅱ
  • 栄養基礎化学
  • 基礎化学Ⅱ

専門教育分野

専門的知識の習得と実践力養成に重点を置いたカリキュラム

専門教育科目講義
学年 前期 後期
1年次
  • 社会福祉概論
  • 健康管理概論
  • 食品学Ⅰ
  • 基礎栄養学Ⅰ
  • 基礎医学
  • 解剖生理学Ⅰ
  • 生化学Ⅰ
  • 調理学
  • 食事計画論
  • 食品学Ⅱ
  • 基礎栄養学Ⅱ
2年次
  • 解剖生理学Ⅱ
  • 生化学Ⅱ
  • 微生物学
  • 食品学Ⅲ
  • 食品衛生学
  • 応用栄養学Ⅰ
  • 給食経営管理論Ⅰ
  • 栄養教育論Ⅰ
  • 疾病診断と治療
  • 病理学
  • カウンセリング
  • 公衆栄養学Ⅰ
  • 応用栄養学Ⅱ
  • 給食経営管理論Ⅱ
  • 臨床栄養学概論
3年次
  • 公衆衛生学Ⅰ
  • 栄養教育論Ⅱ
  • 公衆栄養学Ⅱ
  • 栄養アセスメント
  • 福祉臨床栄養学
  • 臨床栄養学各論
  • 公衆衛生学Ⅱ
  • 栄養ケアプラン
4年次
  • 栄養管理総合演習
  • 管理栄養特別演習Ⅰ~Ⅳ
  • 管理栄養特別演習Ⅴ~Ⅷ
専門教育科目実験・実習・演習
学年 前期 後期
1年次
  • 調理学実習Ⅰ
  • 食物学演習
2年次
3年次
  • 解剖生理学実習Ⅱ
  • 臨床栄養学実習Ⅰ
  • 公衆栄養学実習
  • 応用栄養学実習
  • 臨地実習事前・事後指導
    (3年前期から3年後期まで)
  • 臨地実習Ⅰ
  • 福祉臨床栄養学実習
  • 食品衛生学実験
  • 臨床栄養学実習Ⅱ
  • 栄養教育論実習Ⅱ
  • 臨地実習Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
4年次
  • 小児栄養学演習
  • 高齢期栄養学演習
なし
生活科学系及び教職系科目
学年 前期 後期
1年次 なし
  • 食生活論
2年次
  • 住生活論
  • 保育及び家庭看護学
  • 家庭経営学概論
  • 家庭経済論
  • 学校栄養教育論Ⅰ
  • 衣生活論
3年次
  • 家庭情報処理
  • 学校栄養教育論Ⅱ
  • 被服構成学実習Ⅰ
  • 食料経済
  • 家族関係論
  • 被服構成学実習Ⅱ
  • 家庭電気・機械
4年次
  • 卒業研究
なし

教職関連分野

教員免許状のためのカリキュラム

教職科目
学年 前期 後期
2年次
  • 教職論
  • 教育心理学
  • 教育原理
3年次
  • 家庭科教育法Ⅰ
  • 教育課程論
  • 教育経営論
  • 特別活動の研究
  • 教育方法・技術論
  • 家庭科教育法Ⅱ
4年次
  • 道徳教育指導論
  • 生徒・進路指導論
  • 教育相談
  • 事前事後指導(家庭)
  • 事前事後指導(栄養教諭)
  • 教育実習Ⅰ・Ⅱ(家庭)
  • 教育実習(栄養教諭)
  • 教職実践演習(中・高)
  • 教職実践演習(栄養教諭)