学部・大学院

Undergraduate & Graduate School

大学院について

美作大学は、大学院生活科学研究科生活科学専攻修士課程と大学院人間発達学研究科人間発達学専攻修士課程を開設しています。
分野別に見ると、生活科学専攻には、「食健康科学・機能食材開発」分野と「栄養管理実践」分野があり、人間発達学専攻修士課程は「発達支援」分野と「学校・教育課程開発」分野から成り立っています。
それぞれ高度な専門的職業人の育成を目指しており、また、社会人の再教育・研修機関としての機能を有しています。社会人の再教育・研修という点では、「栄養管理実践」分野での管理栄養士のスキルアップ、また、すでに小学校教諭・幼稚園教諭の一種免許を持つ人間発達学専攻修士課程修了者はそれらの専修免許を取得することができますので、現職教諭の社会人入学を積極的に進めていきたいと考えています。

写真:校舎外観

大学院の目的

美作大学大学院は、学部教育の基礎の上に、生活科学および人間発達の専門分野において高度な学術の理論および応用を教授研究し、その深奥を究め、高度の専門性を要する職業等に必要な能力を養い、あわせて人格を育成し、文化の進展に寄与することを目的としています。

  • 生活科学研究科生活科学専攻…食健康科学・機能食材開発分野、栄養管理実践分野
  • 人間発達学研究科人間発達学専攻…発達支援分野、学校・教育課程開発分野

「自ら学ぶ」ところ。それが美作大学大学院

大学院は「教えてもらう」ところではなく、「自ら学ぶ」ところです。大学院では、「自ら学ぶ」ための題材やヒントが提供されます。「自ら学ぶ」ことを強く意識した方々の本学大学院への入学を歓迎します。

教育目標

美作大学大学院の教育目標

美作大学大学院は、広い視野に立って清深な学識を授け、専攻分野における研究能力を養成し、地域社会の生活の向上に貢献できる高度の専門性を有する職業等に必要な能力を養うことを目標とする。

生活科学研究科生活科学専攻の教育目標

生活科学専攻は、生活科学分野において広い視野に立った清深な学識を身に付けると共に、食健康科学・機能食材開発及び栄養管理実践の各分野における教育研究において、地域社会の人々の健康の維持・増進を通じ、QOL(生活の質)の向上に貢献できる高度の専門的知見と応用的・実践的技能の修得を目標とする。

人間発達学研究科人間発達学専攻の教育目標

人間発達学専攻は、発達支援及び学校・教育課程開発の各分野における教育研究において、保育や教育に関わる共通課題、即ち発達上の諸課題を科学的に探究できる能力と、得られた見識・知見を基礎に、発達支援や学校における教育・生徒指導充実のために必要な高度な応用的・実践的技能の修得を目標とする。

人材養成の目的

生活科学研究科生活科学専攻の人材養成の目的

生活科学専攻の食健康科学・機能食材開発分野では、食品と健康の関係の教育研究をベースに、健康の維持・増進へ向けた教育研究を進め、食の安全・食品開発や衛生に係る専門職、病院や福祉施設等における栄養指導の専門職更には専修免許を有する栄養教諭等の高度の専門的職業人の養成を目的とする。栄養管理実践分野では、管理栄養士として必要な高度な実践的知識に加え、臨地実習により、栄養ケアマネジメントに必要な専門的知識と実践的・応用的能力の統合へ向けた教育研究により、医療機関や福祉施設等でイニシアチブをとることのできる高度な知見と技能を有する管理栄養士の養成を目的とする。

人間発達学研究科人間発達学専攻の人材養成の目的

人間発達学専攻の発達支援分野では、幼児・児童の心理・発達のメカニズムの研究・解明、それをベースにした発達の支援方法に関わる実践的な教育研究により、心理学的な知識やスキルを備え専修免許を有する小学校・幼稚園教諭、施設や地域における指導的な保育士、児童相談所等の相談指導員等、幼児・児童の発達支援に関しイニシアチブをとることのできる高度な専門的職業人の養成を目的とする。学校・教育課程開発分野では、学校社会における望ましい人間関係や生徒指導・生活指導に関わる教育研究、学力保証の社会的要請を踏まえた教育方法・教育課程開発に関わる教育研究により、高度な知見と見識を身に付けた専修免許を有する小学校教諭や幼稚園教諭の養成を目的とする。