学部・大学院

Undergraduate & Graduate School

生活科学部について

美作大学の学部は「生活科学部」の1学部3学科で、さらに専門に応じてコースに分かれている学科があります。
さまざまな学科がすべて「生活科学部」で結びつけられているのは、それぞれの専門領域が人の暮らしや人間そのものに直接関わり、常に学問の中心に“生活”を置いているからです。

教育目標

美作大学及び美作大学短期大学部は、美作学園の「建学の理念」及び美作大学・美作大学短期大学部「理念・目的」を受けて、教育力の向上に組織的に取り組むことにより、次に掲げる教育目標の達成を目指します。

  • 専門教育の充実を図り、地域社会の発展に貢献できる専門的人を養成する。併せて、学生支援体制の整備を図り、専門分野の就職・進学を促進する。
  • 教養教育の充実により、広い視野を持った社会人としての基礎的能力を養う。
  • 学生個々に応じた指導・教育により、学生の満足度を高め、勉学及び卒業後の進路への意欲を高める。
  • ボランティア活動等を積極的に推進し、社会への関心を高め、社会に貢献できる人間を育成する。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入方針)

美作大学では、下記のような学生の入学を求めています。

  • 専門的職業人として、持続可能な地域社会の形成、また、地域社会の人々の生活の質の向上に貢献したい人
  • 所属学科で取得できる資格・免許の取得をめざし、学習意欲の高い人
  • 学生生活を通じ、真摯に自己を見つめ、社会人としての自己の能力の向上をめざす人

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

美作大学の教育目標、食と子どもと福祉の各専門分野について学科毎に定めた教育目標、それを踏まえた授業毎の到達目標に基づいた成績評価を行い、所定の単位を修めた学生に卒業を認定し、学位を授与します。卒業までに身に付けるべきこととして、以下にあげることが求められます。

  • 修得した知識・技能・態度により、食と子どもと福祉の分野の専門的職業人として、課題を発見し解決する力
  • 職業生活、社会生活に必要な広い視野・コミュニケーション能力や論理的思考力
  • 自律と協調・協働により、社会の発展に寄与できる力

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

美作大学の教育目標に基づき、各学科共通に開設する教養教育科目と、学科の教育目標に即した食と子どもと福祉の各専門分野についての学科毎の専門教育科目及び専門教育に必要な基礎力を養うための基礎教育科目を柱としてカリキュラムを編成します。

  • 教養教育科目を通して、広い視野と豊かな人間性を備えた社会人としての基礎的能力の養成
  • 専門教育科目を通して、食と子どもと福祉の分野で地域社会の発展に貢献できる優れた専門的知見と技能の涵養
  • ボランティアやインターンシップ等の教育プログラムを通して、積極的な社会参加を可能にする能力及び実践力の養成