Home>学部・大学院>食の分野について>食物学科>学科トピックス>食物学科の原田教授がフードバンクに関する本を出版しました。

食の分野

食物学科

[管理栄養士養成課程]

食物学科の原田教授がフードバンクに関する本を出版しました。

食物学科の原田佳子教授が共著にて執筆した『未来にツケを残さない―誰にでもできるフードバンクの作り方』が出版されました。

本書では、日本で求められているフードバンクの役割について多くの事例・統計などを用いて紹介しています。また、原田教授らがゼロからフードバンクを立ち上げ、人をつないできたこれまでの活動をたどり、フードバンクの作り方や役割を伝えます。

その中で、原田教授が顧問を務める“美作大学食品ロス削減サークル”や研究室が、地域の高齢者や子どもたちにフードバンクで集まった食材を使って食事をふるまう食事会の開催や、子どもたちが食品ロスについて楽しく学べる「食品ロス削減かるた・すごろく」の作成など、精力的に行ってきた活動も紹介されています。

 

■タイトル:『未来にツケを残さない―誰にでもできるフードバンクの作り方』

■著者:原田佳子(美作大学食物学科教授)、増井祥子、糸山智栄、石坂薫

■出版社:高文研   

■出版年月日:2017年10月6日

■ISBN:9784874986356

■定価:本体1,700円+税

 

■目次

第1部『誰にでもできるフードバンクの作り方』                 

第1章 それは、偶然から始まった

第2章 お金があったり、なかったり

第3章 ネットワーク型の底力(ソコヂカラ)

第4章 切り口は無限に

第5章 フードバンクは止まらない

第Ⅱ部『未来にツケを残さない』

第1章「あいあいねっと」の活動をはじめたきっかけ

第2章あいあいねっとの活動の紹介

第3章 高齢者の食の実態と課題

第4章 世界と日本の食糧事情と貧困の実態

第5章 食品ロス及び貧困、格差拡大は社会の仕組みの中で構造的に再生産される

第6章 管理栄養士として見えてきた食品ロスの課題

第7章 食品ロス削減のための食育活動

第8章 日本のフードバンク活動の課題と今後のフードバンク活動の役割 

 

詳細については出版社のサイトをご覧下さい。