Home>学部・大学院>食の分野について>食物学科>学科トピックス>「食品ロス」をテーマに考える~食品ロス削減フォーラムを開催しました~

食の分野

食物学科

[管理栄養士養成課程]

「食品ロス」をテーマに考える~食品ロス削減フォーラムを開催しました~

2019年11月21日食物学科

11月16日(土曜)、美作学園創立100周年記念館で「食品ロス」をテーマにしたフォーラム、『食品ロス削減フォーラム』が開催され、本学の学生や教職員、一般参加者の約100名が参加しました。

 

講演を聞く全体の様子

 

第1部の講演では「食品ロスの現状と課題」と題して、本学食物学科の原田佳子教授が、日本を取り巻く食品ロスの現状と実態、そして未来に向け食品ロスの削減は必要不可欠で、重要視しなければならない問題であることを講義しました。

次に川崎医療福祉大学講師 直島克樹先生より「食品ロス削減と子ども食堂」と題し、直島先生自身が代表を務める[子ども食堂支援プラットフォーム]の活動について説明されました。世界的にも貧困問題は大きな課題で、岡山から対策のモデルを発信していきたいと話されました。

 

美作大学教授原田佳子先生講演の様子川崎医療福祉大学講師直島克樹先生講演の様子

 

2部のパネルディスカッションではパネリストに原田佳子先生・食品ロスサークル部長の下山奈津美さん(食物学科3年愛媛県野村高出身)・岡山県美作県民局環境課長の木村英治氏・(株)マルイ執行役員環境対策室長の鈴木豪氏・NPO法人オレンジハートつやま角野いずみ氏が登壇し、コーディネーターに直島克樹先生を迎え、活発な議論が行われました。

家庭やお店、企業で余った食材を支援施設などに橋渡しする活動「フードバンク」についての課題では、現在急増している「フードバンク」だが、まだ認知度が低く、普及しているとはいいがたい現状で、もっと知ってもらう活動が必要との意見が上がりました。

 

パネルディスカッション壇上の様子下山奈津美さん発表の様子

 

このフォーラムの様子は11月18日(月)の津山朝日新聞にも掲載されました。

津山朝日食品ロスフォーラム記事

<クリックして拡大>(ダウンロード:26547KB)

 

sdg_icon_02_ja.jpgsdg_icon_12_ja.jpgsdg_icon_14_ja.jpgsdg_icon_15_ja.jpgsdg_icon_17_ja.jpg