Home>学部・大学院>食の分野について>食物学科>学科トピックス>(株)マルイと食物学科の共同開発!~食育弁当第16弾、販売キャンペーン実施~

食の分野

食物学科

[管理栄養士養成課程]

(株)マルイと食物学科の共同開発!~食育弁当第16弾、販売キャンペーン実施~

2019年09月27日食物学科

9月7日(土曜)、食育弁当第16弾の『1/2日分の野菜が摂れる!ベジ鮭Bento 』の完成・発売開始に合わせて、「マルイ」ノースランド店と志戸部店の2店舗で販売キャンペーンを実施しました。

 

販売キャンペーンの様子

 

株式会社マルイとの食育弁当共同開発プロジェクトは、「地域の皆さんにバランスの良いものを食べていただきたい。普段食べるお弁当を通じて、地域の皆さんに『毎日の食』に対する意識を高めていただきたい」との思いから始まり、今年度で7年目を迎えます。

この度も、食育弁当の制作にあたり、学生たちは何度も試作・会議を繰り返し完成させました。

 

 試作風景試作風景

会議・試作の様子

 

開発にあたった人見研究室の学生4名がそれぞれの店舗で、メインのおかずである「鮭のふっくらみりん焼き」などの試食を配りながら、このお弁当をPRをしました。

また、志戸部店には本学のマスコットキャラクター、ミマッパちゃんも応援にかけつけ、一緒にお弁当を売りました。

 

販売キャンペーンの様子販売キャンペーンの様子販売キャンペーンの様子

販売キャンペーンの様子販売キャンペーンの様子販売キャンペーンの様子

 

「野菜をしっかり摂る」をコンセプトとしたこのお弁当は、一日に必要な野菜350gのうち176gを使用しています。

メニューは、「ご飯(海苔と青菜のごま炒め)」「鮭のふっくらみりん焼き」「3種野菜のナムル(もやし、キャベツ、ニンジン)」「大根の白マーボー」「しっとりカボチャサラダ」「ごぼうのママレード炒め」  

栄養価は、エネルギー500kcal、タンパク質16.8g、脂質13.5g、炭水化物77.7g、食塩相当量2.1g

 

お弁当の写真

 

 

この度も多くの方に買っていただき、大盛況でキャンペーンを終えました。

『1/2日分の野菜が摂れる!ベジ鮭Bento 』は岡山・鳥取県内のマルイ全店で販売中です。ぜひ食べてみてください!

 

学生の写真学生の写真

 

 

(株)マルイとの同開発の歴史(2013年開始)

 

第1弾「さんま竜田の彩食健美弁当」  

    2014年大賞(ヘルシー部門エントリー総数:42,555件、部門:464件     

第2弾「塩麴鶏のへるしいバランス弁当」

第3弾「20品目の華咲きちらし弁当」

    2015年最優秀賞(寿司部門)エントリー総数:44,746件、部門3,740件

第4弾「豚肉とカシューナッツの黒酢あん弁当」

第5弾「かみかみサラダと塩麴鶏のオーブン焼きBento」

    2016年優秀賞(ヘルシー部門)エントリー総数:50,283件、部門:3,894件

第6弾「レモンライス&夏野菜のビーンズカリー」

第7弾「ごろっとつくねの鯵そぼろ丼」

第8弾「黒酢煮根菜と3種ごはんの彩り満載弁当」

第9弾「血液さらさlaunch」

第10弾「30品目の色とり鶏Bento」(定番商品になりました)

    2017年最優秀賞(ヘルシー部門)エントリー総数;51,624件部門2,411件 

第11弾「彩り野菜とチキンのオレンジソース弁当」

第12弾「カラダ想いのごちそう弁当」

    2018年入選(ヘルシー部門)エントリー総数:52,283件、部門:2,411件

第13弾「甘酒仕立て鯵の味噌焼弁当」

第14弾「黒酢玉ねぎソースの鶏南蛮べんとう」

第15弾「20種野菜の大豆バーグ弁当」

第16弾「1/2日分の野菜が摂れる!ベジ鮭Bento」

 

 

※『お弁当・お惣菜大賞』とは、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、専門店等で実際に販売している数多くのお弁当・お惣菜・サラダ・調理パン等の中から、食の専門家で構成された審査員により、 特に優れた商品を選出し表彰するものです。