Home>学部・大学院>食の分野について>食物学科>学科トピックス>食物学科 人見哲子先生の”食育弁当”についての取り組みが「広報津山」で特集されました

食の分野

食物学科

[管理栄養士養成課程]

食物学科 人見哲子先生の”食育弁当”についての取り組みが「広報津山」で特集されました

2019年08月23日食物学科

津山市役所が発行されている『広報津山 令和元年9月号』で、食物学科 人見哲子先生の「食育弁当」についての取り組みが特集されました。

 

食物学科4年生の卒業研究として学生と共に取り組んでおられ、「地域の皆さんにバランスの良いものを食べていただきたい。普段食べるお弁当を通じて、地域の皆さんに『毎日の食』に対する意識を高めていただきたい。」との思いで、株式会社マルイと食育弁当を開発するプロジェクトです。

今年度で7年目を迎え、この度は第16弾の開発の様子等が特集されました。

 

広報津山人見先生

<クリックして拡大>

 

 

 

<過去の共同開発弁当について>

 

第15弾『20種野菜の大豆バーグ弁当』

第14弾『黒酢玉ねぎソースの鶏南蛮べんとう』

第13弾『甘酒仕立て 鯵の味噌焼き弁当』

 

美作大学とお弁当・お惣菜大賞

 

(株)マルイとの共同開発弁当の実績

2018年:入選(ヘルシー部門)

2017年:最優秀賞(ヘルシー部門)

2016年:優秀賞(ヘルシー部門)

2015年:最優秀賞(寿司部門)

2014年:大賞(ヘルシー部門)

『お弁当・お惣菜大賞』とは、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、専門店等で実際に販売している数多くのお弁当・お惣菜・サラダ・調理パン等の中から、食の専門家で構成された審査員により、 特に優れた商品を選出し表彰するものです。