Home>学部・大学院>食の分野について>食物学科>学科トピックス>食物学科1年生~キャリアデザインについて考える~

食の分野

食物学科

[管理栄養士養成課程]

食物学科1年生~キャリアデザインについて考える~

2019年07月26日食物学科

7月23日(火曜)、食物学科1年次セミナーの企画で、『将来を考える~キャリアデザイン~』と題して、就職支援室の職員より、就職活動を視野入れた大学生活の送り方などをアドバイスしました。

 

職員が壇上で講義

 

「なぜ1年生のこの時期に就職の話なのか」「先輩の就職状況について」「大学生活で大切にしてほしいこと」などをテーマに話し、職員自身の就職活動のエピソードなどを交えながらわかりやすく伝えました。

 

職員が壇上で講義

 

最後に就職支援室より

・自由な時間の使い方がポイント、有意義な大学生活にできるか否かはあなた次第です。

・就活に過剰な心配はいりませんし、就活のためにすごく大きなことを成し遂げてと言っているわけではありません。目標を立て、自分のできることから実際に行動していれば大丈夫です。

・人生悩むことも大切ですが、悩みすぎて行動できなくなるくらいなら悩む前に行動した方がいい時もあります。

・就職で困ったことがあれば些細なことでも就職支援室に相談しに来てください。

とメッセージを送りました。

 

 

  • 参加した学生の感想

「色々と自分を見直すことができました。怠惰な生活をやめて、将来の自分のためになるよう何事にも全力で打ちこみたいと思います。」

 

「今の自分は目の前のことしか見えていません。しかし、もっと先のことを考えないといけないとわかりました。5年後,10年後に何をしたいかを決めて、叶わなくても目標に向かって一生懸命努力することが大切だと思いました。」

 

「今日の講義を受ける前は、なぜ1年生の今なんだろうと思いましたが、今だからこそ聞くべき内容だったと感じました。1年生の時から目標を具体的に決めて、4年間を有意義に過ごそうと思います。」

 

<本学の就職支援体制などについて>