Home>学部・大学院>食の分野について>食物学科>学科トピックス>卒業後の進路をしっかりと考えるために~大学食物学科2・3年生が学内で合同企業説明会を受ける~

食の分野

食物学科

[管理栄養士養成課程]

卒業後の進路をしっかりと考えるために~大学食物学科2・3年生が学内で合同企業説明会を受ける~

2019年03月20日食物学科

3月19日(火曜)、学内で大学2・3年生、短大1年生対象の合同企業説明会を実施し、受託給食会社、食品メーカーやドラッグストアなど『食・栄養分野』を中心に、学生の出身地域で事業展開する企業や過去採用実績のある34社が一同に会し、事業内容の説明や特色などのアピールポイントなどを説明しました。

 

resize_190319_D7K_2712.jpg

 

resize_190319_D7K_2733.jpgresize_190319_D7K_2854.jpg

 

resize_190319_D7K_2864.jpgresize_190319_D72_1291.jpg

 

この説明会は、学生と企業とのマッチング支援ならびに、学生の金銭面や時間的な負担軽減を目的に毎年実施しています。

就職活動が本格化する大学3年生・短大1年生にとっては、希望する業種の勤務条件や採用条件などの具体的な説明を聞き、進路を固める一助となること、また大学2年生にとっては、まだまだ将来の希望が定まっていない中、様々な業種の企業の説明を聞くことで業種選定などの一助になります。

 

resize_190319_D72_1220.jpgresize_190319_D72_1236.jpg

 

さらに、企業の担当者から直接、企業が求めている人材・求められている知識や技能を聞くことで、学習意欲を高め、今後の大学・短大での学びへと繋がることも狙いとしています。

 

resize_190319_D7K_2772.jpgresize_190319_D7K_2748.jpg

 

 大学食物学科・社会福祉学科、短大栄養学科の学生を中心に133名が参加し、「いろんな企業の仕組みを知れて、とても新鮮だった。」「HPでみた情報以外を細かく知ることができ、就活でとても重要な機会になった。視野が広がった。」「今回の参加で、自分がどんな事がしたくてどんな企業に就職したいかが具体的になってきた。」「学内で開催されたので参加しやすかった。企業について良く知れて、質問もしやすかった。」「今まで視野に入れてなかった業種に興味を持つようになった。」「これを機に他の説明会にも参加してみようと思う。」と感想を口にしていました。

 

resize_190319_D7K_2870.jpg

 

参加した企業の中には、本学の卒業生が採用担当者として、学生たちに説明する企業もあり、話をする卒業生も後輩たちの役に立てればと熱心に語りかけていました。

 

resize_190319_D7K_2790.jpgresize_190319_D72_1214.jpg

 

resize_190319_D7K_2874.jpgresize_190319_D7K_2836.jpg

 

また、多くの企業の方から「コミュニケーション能力が高く、積極的かつマナーの良い学生が多い。」「学生は皆真面目で、積極的に質問が出て、熱心さが伝わった。」「熱心にメモを取りながら説明を聞く姿勢に感心した。」などの感想が聞かれました。

 

resize_190319_D7K_2723.jpgresize_190319_D7K_2737.jpg

 

会場には、専門職を養成する立場・学生たちの就職を支援する立場から本学教員も参加し、空き時間を利用し、企業の考え、業界を取り巻く環境や現状など、企業の担当者と積極的に情報交換していました。

 

resize_190319_D7K_2745.jpg

 

<美作大学・美作大学短期大学部の就職支援の取り組みなど>