実習・カリキュラム

仲間と共に学び育つ美作流教育

現場実習以外にも福祉実践のできるいろいろな場に行ったり、学会や講演会、ボランティアなどに参加できるよう積極的に大学以外での体験の機会を提供します。そして、“仲間と共に地域と共に学び育つ”というのが美作大学流教育です。
現在保護を要する子どもたちは、施設よりも里親へ預けられることが多くなっています。しかし、里親の数は少なく、子どもたちを養護することに様々な苦労があります。そこで、里親・里子支援サークルを立ち上げ、里親会の活動をお手伝いしたり、子どもたちと行事を通して交流したりしています。
地元の医療機関、カフェと連携して、市民と医療福祉専門職が医療や福祉のことについて、気軽におしゃべりできる空間として、「みんくるカフェ津山」という医療福祉カフェを開催しています。学生達は実行委員として地域実践を通して、多職種連携による企画・運営能力やコミュニケーション能力を磨いています。

全体の流れ

1年次

最初に衣食住など生活科学全般に関する基礎知識や、生活や福祉についての基礎科目を習得します。そして、生活を多面的に科学すると同時に、高齢者の支援と介護保険制度や、児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度などの社会福祉の専門知識も学びます。

2年次

2年次では相談援助の理論と方法Ⅰなどの専門的な講義内容に進みます。後期からは相談援助演習Ⅰにはじまり、相談援助の実践力を身につけていきます。
また、情報処理関連の技術も習得していきます。

3年次

地域福祉をはじめとする専門科目を中心に、福祉、医療、就労支援、権利擁護など専門的知識を高めていきます。3年次では福祉施設や福祉機関などでの実習やゼミ学習・研究を行い、実践力を高めていきます。

4年次

福祉施設や福祉機関などでの実習や、ゼミ学習でさらに専門的知識を高めていきます。また、卒業研究では専門職としての福祉のあり方を深く洞察します。もちろん、国家試験などの資格試験に向けての対策も万全です。

授業紹介

1年次児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度Ⅱ

日本では少子・高齢化が急速に進み、児童虐待問題を始めとして子どもたちを取り巻く環境は大きく変化してきています。こうした中、子どもたちが置かれている生活実態や問題について理解していくとともに、一人ひとりの子どもたちの生活が生き生きとしたものとなっていくために、現在取り組まれている児童・家庭福祉の施策について理解を深めていきます。(有岡道博/准教授)

写真:家庭福祉制度Ⅱの授業の様子

2年次現代社会と福祉Ⅰ・Ⅱ

社会福祉は私たちの生活にどう関係しているのか。また、社会福祉は私たちの生活にどのような形で届くのか。そもそも社会福祉とは何なのか。これらの問いに歴史、理論、哲学、制度設計などの視点からアプローチしていきます。身近な生活問題をテーマにグループディスカッションを取り入れていくことで、学問と実践を繋ぎ、社会福祉士としての専門的能力を高めていきます。(武田英樹/准教授)

写真:現代社会と福祉Ⅰ・Ⅱの授業の様子

2年次障害者に対する支援と障害者自立支援制度

障がいのある人が障がいのない人より劣っているというわけではありません。しかし、障がいのある人がこの社会で障がいのない人と同じように生活できる状況ではありません。障がいのある人の状況を理解し、障がい者福祉や施策を学び、そして現状と課題について考えます。障がいのある人があたり前に暮らすこと、どんな人も豊かに暮らすことができる社会とは何かについて考えていきます。(薬師寺明子/准教授)

写真:障害者に対する支援と障害者自立支援制度の授業の様子

3年次保健医療サービス

超高齢社会の日本は、高騰する医療費に対し医療・福祉施策がめまぐるしく変化している状況です。しかし、どのような時代でも、病気になれば誰でも可能な限り適切な医療が受けられるよう保障されなければなりません。本科目では、病気とともに生きる患者の状況を理解し、保健医療領域での社会福祉の支援とは何かを考えていきます。また、保健医療サービスを支える制度や施設、他の専門職のほか、チームアプローチについて学んでいきます。(永見芳子/講師)

写真:保健医療サービスの授業の様

カリキュラム

基礎教育分野

一般教養を養い専門知識を支える基礎教育カリキュラム
(基礎教育分野のうち社会福祉学科基礎科目)

学科基礎科目
学年 前期 後期
1年次
  • 生活福祉論
  • 社会の変化と社会福祉Ⅰ
なし
2年次
  • 住まいと福祉
  • 福祉情報コミュニケーション
  • 数学の基礎
なし

専門教育分野

専門的知識の習得と実践力養成に重点を置いたカリキュラム

学科基幹科目
学年 前期 後期
1年次 なし
2年次
  • 福祉のまちづくり概論
  • 加齢の理解
  • 障害の理解
  • 地域づくりと住民参加
3年次
  • 地域福祉の理論と方法Ⅰ
  • 安全・安心のまちづくり
なし
4年次
  • 中山間地福祉のまちづくり
  • 地域経済・地域財政からみたまちづくり
なし
社会福祉学科展開科目
学年 前期 後期
1年次
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 相談援助の基盤と専門職Ⅰ・Ⅱ
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会の変化と社会福祉Ⅱ
2年次
  • 相談援助の理論と方法Ⅰ
  • 相談援助演習Ⅰ
  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 人体構造及び日常生活行動に関する理解
  • 福祉情報論及び同演習
  • リハビリテーション論
  • 加齢の理解
  • 障害の理解
  • 社会理論と社会システム
  • 社会保障Ⅰ・Ⅱ
3年次
  • 社会福祉事業史
  • 地域福祉の理論と方法Ⅱ
  • 社会調査の基礎
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 更生保護制度
  • 相談援助実習指導Ⅰ
  • 医療ソーシャルワーク論
  • 福祉のまちづくり演習
  • 精神保健
  • 相談援助実習(3年前期から3年後期まで)
  • 相談援助の理論と方法Ⅱ
  • 就労支援サービス
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 介護実習
  • 保健医療サービス
  • 家庭支援論
  • ウェブリテラシー演習
4年次
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 相談援助演習Ⅳ・Ⅴ
  • 相談援助実習指導Ⅱ
なし
その他の専門科目
学年 前期 後期
2年次
  • 教育心理学
  • 福祉デザイン(衣)論
  • パソコン演習Ⅰ
  • 福祉デザイン(衣)演習
3年次
  • 情報のユニバーサルデザイン論
  • パソコン演習Ⅱ
  • パソコン実践演習
  • 簿記会計学
卒業研究系
学年 前期 後期
3年次
  • 特別演習Ⅰ
なし
4年次
  • 特別演習Ⅱ
  • 卒業研究
  • 特別演習Ⅲ

教職関連分野

教諭免許状のためのカリキュラム

教職科目
学年 前期 後期
2年次
  • 教育原理
  • 教職論
3年次
  • 教育経営論
  • 福祉科教育法
  • 教育課程論
  • 特別活動の研究
4年次
  • 教育方法・技術論
  • 教育相談
  • 事前事後指導
  • 教育実習
  • 生徒・進路指導論
  • 教育実践演習(高)

視察研修・特別講座

研修で習得できる貴重な体験!国立療養所長島愛生園での視察研修

1年次に療養所を見学し、入所者の方に直接話を伺い、社会的偏見などについて考えます。

写真:視察研修の様子。国立療養所長島愛生園でジオラマを見学しています

「福祉」の現場をさらに理解する!現場で活躍する卒業生を招いての特別講座

現場で活躍している卒業生から専門的な実践内容、福祉現場でのやりがいなどの講話を聴き、現場がより身近になります。

写真:現場で活躍する卒業生が特別講座をしている様子