実習・カリキュラム

栄養学科がめざすものは多面的な視野で食事指導のできる栄養士。

栄養の基本は、“食”にあります。「医食同源」という言葉がありますが、この言葉には、毎日の“食”こそが、私たちの健康を支えているという意味が込められています。また、食物は人間が生きていくために必要とするだけでなく、私たちの生活に豊かさを与えてくれます。
そのようなことを十分に理解した栄養士になるためには、まず食べ物のことを良く知り、その体内での働きを知らなければなりません。栄養学科では、まず食物の栄養に関する科学的な知識を習得し、多面的な視野で食事指導のできる栄養士の養成をめざしています。そのために、栄養士が習得すべき知識、技能および考え方などを十分に養い、栄養士が果たすべき専門分野に関して柔軟に対応できる人材を育成することを目的としています。また、卒業生や近隣の専門職の方を招いて、現場の状況を講演していただき、学生自身が実際の職場での生きた知識を知る機会を得るとともに、専門知識習得に対するモチベーションを高めています。

全体の流れ

1年次

1年次では社会人としての豊かな人格を形成する基礎科目と栄養学科の専門科目を履修します。専門科目は栄養、食品、調理、人体、病理、生化学など、多面的に学習できるようになっています。

2年次

2年次は、1年次で学んだ各領域の学問をさらに詳しく学習します。バリエーションに富んだ内容の調理実習、化学的検査のノウハウを身につける実験、実際に製造する加工実習など、その内容は多彩です。

授業紹介

1年次調理学実習Ⅱ

基礎的な調理をもとに、さらに発展させ、調理操作の系統を理解しながら応用できる技術を習得します。おせち料理・クリスマス料理などの行事での食事も学びます。(藤井 わか子/教授)

写真:調理学実習Ⅱの様子

1年次人体構造学

栄養士として必要とされるヒトの体の基本的な構造について学び、「生命のいとなみ」について考えることで、「生きている」とはどういうことなのか、「生きている」ということは、体の中でどのようなことが営まれているのかについて理解を深めていきます。(栗脇 淳一/教授)

写真:人体構造学の授業の様子

1年次栄養学実習

基礎栄養学、応用栄養学の授業で学んだ知識を基礎に、各ライフステージに適した栄養について理解し、妊娠期から高齢期までの身体状況などに応じた食事のあり方について学び、それらの特性に即した食品の選択、献立作成、調理技術を身につけます。(田中 智子/准教授)

写真:栄養学実習の様子

1年次給食献立作成論

給食施設やホテルの調理現場で利用するスチームコンベクションオーブンやブラストチラーを用いた調理は、大量調理の実習で習得するのが一般的ですが、本学では調理実習室にも整備しています。これを献立の基本調理法として使用し、従来の調理法との違いの検証を講義に取り入れることで、実務に活用できる内容としています。(橋本 賢/准教授)

写真:給食献立作成論の実習の様子

カリキュラム

基礎教育分野

一般教養を養い専門知識を支える基礎教育カリキュラム
(基礎教育分野のうち栄養学科の教養・基礎科目)

教養・基礎科目
学年 前期 後期
1年次
  • 現代生活論
  • 基礎生物学
  • 心理学概論
  • 基礎化学
  • 日本語リテラシー
2年次 なし
  • 食文化論

専門教育分野

専門的知識の習得と実践力養成に重点を置いたカリキュラム

専門教育科目
学年 前期 後期
1年次
  • 基礎栄養学
  • 食品学Ⅰ
  • 栄養指導論Ⅰ
  • 調理学実習Ⅰ
  • 生化学Ⅱ
  • 食料経済
  • 応用栄養学
  • 食品学Ⅱ
  • 栄養指導論実習Ⅰ
  • 調理学実習Ⅱ
  • 病理学総論
  • 統計処理論
2年次
  • 栄養と健康
  • 食品加工学
  • 公衆衛生学Ⅰ
  • 栄養指導論実習Ⅱ
  • 給食管理実習Ⅱ・学外実習指導
  • 生化学実験
  • フードコーディネート論
  • 公衆栄養学
  • 食品学実験Ⅱ
  • 公衆衛生学Ⅱ
  • 給食管理Ⅱ
  • 栄養情報処理演習Ⅰ
  • 臨床栄養学
  • 食品加工実習
  • 社会福祉概論
  • 給食管理実習Ⅰ
  • 調理学実習Ⅲ
  • 臨床栄養学実習Ⅰ
  • 臨床栄養学実習Ⅱ
  • 食品衛生学実験
  • 栄養指導論Ⅱ
  • 人体機能学
  • 栄養情報処理演習Ⅱ

安心サポート

スマホは使えても、パソコンは苦手なんですが、だいじょうぶでしょうか?

パソコン初心者でもまったく心配はありません!
2年間で専門的な情報処理技術を確実に習得できます。
これからの栄養士にとって、情報処理技術は必要不可欠です。そのため、1年次の「情報リテラシーⅠ」の最初の授業ではメールアカウントがすべての学生に与えられ、インターネット利用のガイダンスが行われます。そして、1年を通してワープロや表計算ソフトなどの基礎知識と活用方法を学びます。
2年次にはパソコンを使用した迅速・正確な栄養価計算、エネルギー量の算出など、栄養士として効果的に業務を執行するための専門的な情報処理技術を習得します。また、栄養士の実務に必須であるWordやExcel、PowerPointの活用法を習得し、文書管理、表計算、プレゼンテーションの能力を磨きます。
パソコン未経験者も2年間のIT教育で確実にレベルアップできます。

1年次

  • メールアカウント取得
    インターネットに関する知識
  • 情報処理技術の習得
    ワープロ、表計算ソフトなどの基礎知識・活用方法(Word・Excel・PowerPoint)

2年次

  • 栄養士としての専門的な情報処理技術の習得
    栄養士現場で求められる栄養価計算や給食運営実務ソフトの活用法
    (栄養価計算ソフトなど)
写真:パソコンに向かって表計算ソフトを操作する女性