Home>美作を選ぶ5つの理由>面倒見が良い

美作を選ぶ5つの理由

面倒見良い

美作大学は退学者が圧倒的に少ない大学として知られており、「面倒見の良い大学ランキング」(大学通信社調べ)において、
中四国・沖縄地域の私立大学で第1位の評価につながっています。
また、退学率も1.2%(2014年度)と非常に低く、中四国の私立大学の中でトップ3に入っています。

Caring 01 教員との距離が近い

学生と教員がとても仲がよく、その距離が近いのも美作大学の特徴です。勉強や生活で困ったことがあれば、みんな気軽に相談して、先生もやさしく応えてくれます。また、クラブ活動やイベントなどでも、学生と教員が一緒に参加することもよくあります。
資格試験対策では、先生の研究室で勉強会を開くなど、学生と先生が一緒に合格へ向けて頑張っていきます。

Caring 02 学習・生活サポート

美作大学では、教職員が連携し、学生のみなさんが有意義な学生生活を送ることができるよう、さまざまなサポートをしています。

Caring 03 オリエンテーションセミナー(オリゼミ)

写真:体育館で手をつなぎあうレクリエーションを楽しむ学生たち
写真:教室あてゲームと書いた画用紙に「何号館?」「何回?」「数字」をと書いた紙が貼られたものをガムテープでガラス戸教室に貼ってあるもの。
写真:階の案内板のそばに立つ3人の女子学生

入学してすぐに、学科ごとに大学生活についてのオリエンテーションが始まります。
先輩学生が中心となって行う通称“オリゼミ”は、2~3日間にわたって、1年生が早く大学やクラスに馴染めるように、大学生活のレクチャーやレクリエーションに実習など、毎年、各学科で工夫をこらしたプログラムが準備されています。このオリゼミでクラスみんなが友だちになり、入学してすぐにクラスが一つになるよいきっかけとなっています。

Caring 04 アットホーム

県人会
写真:県人会の活動で踊る学生たち
写真:県人会の活動で和太鼓を叩くパフォーマンスを行う学生たち
写真:県人会の活動で扇子を持って踊る学生たち

県外からも多くの学生が集まる美作大学の特色の一つとして、県人会活動があげられます。単に同じ故郷の学生が集まるだけでなく、時には助け合い励ましあって、楽しい大学生活を一緒に送っています。また、白梅祭(大学祭)では郷土の踊りや料理などを披露し、毎年、今年は何をしてくれるかと学生はもとより、地域の方々からも期待されています。

無料野菜市場

地域の方や卒業生、理事長や教職員など、様々な方が学生のためにご自宅で取れた野菜を無料で学生に提供してくださいます。皆様の気持ちのこもったとれたての新鮮な野菜は、勉強や課外活動で疲れた学生の気持ちと胃袋を満たしてくれます。

写真:無料野菜市場で並べられた野菜とそれを手に持つ学生たち

バーベキューコーナー

学内にはバーベキューコーナーがあり、学生であれば誰でも使うことができます。クラブやサークル、学科やイベントなどの歓迎会や打ち上げが行われ、学生や先生が親睦を深める場となっています。

写真:バーベキューコーナーで鉄板で炒め物を作る二人の学生と、それを食べに集まっている学生たち

学生のくらしを支える校務員さん

美作大学では教員や事務職員だけでなく、校務員さんも学生の生活をサポートしてくれています。

写真:自転車の修理をする男性の校務員さん

同窓会による浴衣の着付け直し

毎年七夕に行われている浴衣登校では、短大同窓会の先輩方が着付けレッスンやお直しをしてくれます。慣れない和服で着崩れが心配な学生が安心してイベントを楽しめるように、ボランティアで毎年来てくださっています。

写真:赤い浴衣を着た短大同窓会の先輩に黒い浴衣の着付けをしてもらっている学生

Caring 05 卒業後のサポート

美作大学では、卒業した後も学生と大学がつながりを持ち続けていられるよう、様々な形で卒業生をサポートしています。
就職後の生活相談や、後輩・先生との交流、資格取得支援など、幅広くサポートしています。

社会福祉学会(社会福祉学科)

毎年1回、卒業生と在学生が大学に集まり、研究・実践発表会を開催しています。卒業生同士で情報交換したり、在学生にアドバイスをしたりと、卒業生・在学生共に貴重なステップアップの機会になっています。

写真:「美作社会福祉学科 卒業生・在学生交流セミナー」と映し出されたスクリーンの前に集合する学生たち

管理栄養士国家試験受験対策(栄養学科)

卒業後、3年の実務経験を経て管理栄養士取得を目指す卒業生の試験対策をサポートしています。仕事をしながらでも勉強を進められるよう、基礎からのていねいなレクチャーや学習生活指導など、国家試験合格に向けてサポートしていきます。

里帰りトーク(幼児教育学科)

卒業後の10月頃に、卒業生と先生が集まって旧交を温めます。友達同士で新しい生活や仕事の話をしたり、先生に困っていることを相談したり、在学中とはまた違った雰囲気で楽しい時間を過ごします。

写真:お座敷で鍋料理を楽しむ卒業生と先生たち

ホームカミングデー

大学同窓会が毎年、10月に開催される大学祭『白梅祭』で同窓生の憩いの場を設け、毎年多くの卒業生が集っています。

写真:ホワイトボードに書かれた「大学同窓会 ホームカミングデー ようこそみま!」という文字と、美作大学同窓会の旗2つと3体のみまっぱちゃんのぬいぐるみ