Home>学部・大学院>福祉の分野について>社会福祉学科>学科トピックス>発達につまずきのある子どもを育てている親の居場所作りをする「Let's mamacom」が映画の上映に向けて取り組んでいます

福祉の分野

社会福祉学科

[社会福祉士養成課程]

発達につまずきのある子どもを育てている親の居場所作りをする「Let's mamacom」が映画の上映に向けて取り組んでいます

写真:輪になって会議をする学生と薬師寺准教授と地域の方

発達につまずきのある子どもを育てている親の居場所作りのため、社会福祉学科の障害者福祉を専門にする薬師寺明子准教授のゼミ生が、「Let's mamacom(レッツママコム)」を2016年の10月に立ち上げました。これは、発達につまずきのある子どもを育てている親の想いや悩みを共有し相談しあえるようなネットワークで、親御さんや放課後等デイサービス事業所の職員や薬師寺准教授とそのゼミ生が参加しています。

 

そしてこの度、Let's mamacomが、地域の人に障がいのある人をより理解してもらおうと、“すべてのも子どもの居場所づくりを実現した学校のドキュメンタリー映画”「みんなの学校」の上映会を開催することになりました。

 

上映会に先立ち、10月16日に、Let's mamacomのメンバーが上映会についてのミーティングを行いました。映画会をより知ってもらうための方法や、映画会当日の段取りについて意見を出し合い、また、小さなお子様連れの来場者や発達につまずきのある子どもたちも映画を見られるような工夫をしようと、会場の環境作りについて話し合いました。

 

 

 

ゼミ生の岡村佳歩さん(社会福祉学科4年)からのメッセージ

この度、障がい理解の輪を広めることを目的に、映画を上映することになりました。地域のみなさんがこの映画を見ることで、障がいに対する考え方が変わればいいなと思います。

 

また、この映画会を通じて、発達につまずきのある子どもを育てている親のみなさんにLet's mamacomという相談の場所があることを知ってもらい、親のみなさんが力を蓄える場所を作れたらと思います。

 

ぜひ映画を見にお越しください。

 

 

映画「みんなの学校」について

写真:みんなの学校のちらしの表
写真:みんなの学校のちらしの表

■上映日:2017年11月23日(木曜・祝日)

■上映時間:14時から(13時30分に受付開始)

■会場:美作大学100周年記念館5階ホール(岡山県津山市北園町50)

■参加費:無料

■対象:一般の方、美作大学学生  ※どなたでも参加いただけます

■定員:約300名

■主催:Let’s mamacom

(平成29年度 おかやま大学生人権啓発パートナーシップ推進補助事業)

■申し込み方法:申し込みフォームに必要事項を記入の上、お申込みください

申し込みフォーム https://goo.gl/forms/BWzPRp8nLZL57sEn1

■問合せ先

Let’s mamacom 事務局

住所:岡山県津山市東一宮31-13

TEL:0868-32-8070

MAIL:mamacom2016@yahoo.co.jp