社会福祉士国家試験の壮行会を開催しました

2018年02月06日社会福祉学科

写真:みかんを片手に掲げる学生と教員の集合写真

 

2月2日に、社会福祉学科4年生の社会福祉士国家試験壮行会を開催しました。

 

写真:学生にアドバイスを話す教員

写真:教員の話に笑みを浮かべる学生

写真:真剣に話を聞く学生

 

集会では、社会福祉学科の教員全員から、試験に際して緊張をほぐす方法や解答に窮したときに考えを導くテクニック、体調を崩して力を十分に発揮できなくならないよう「カフェインはとりすぎないように」「睡眠はしっかりとるように」といったアドバイスが送られました。

 

写真:ホワイトボードを示しながら話す教員

写真:合格と書かれたみかんが、社会福祉士国家試験の参考書の上に載っている

 

さらに教員や卒業生、そして事務職員から学生1人ひとりへのコメントが書かれたチョコレートや、合格みかん、カイロが手渡されました。学生は「体調をきちんと整えて試験に臨みたいです」「今年は日程が例年と変わって大変でしたけど、合宿とかみんなで一生懸命勉強したので、あとはとにかく頑張りたいです」と意気込んでいました。

 

写真:廊下で教員と話す学生

 

集会のあと、不安な気持ちをあらためて教員に相談する学生もいましたが、教員に励まされて試験に向かっていきました。そして2月2日、教員や先に社会福祉士として働く先輩方の応援を背にうけて、学生たちは人事を尽くしてまいりました。あとは3月15日の合格発表を待つばかりです。