Home>学部・大学院>福祉の分野について>社会福祉学科>学科トピックス>上山コミュニティワーク実践研究会~DUNLOPと上山の植樹活動に参加~

福祉の分野

社会福祉学科

[社会福祉士養成課程]

上山コミュニティワーク実践研究会~DUNLOPと上山の植樹活動に参加~

2019年11月19日社会福祉学科

11月9日(土曜)、社会福祉学科・上山コミュニティワーク実践研究会が岡山県美作市上山集落で、DUNLOPと植樹活動に参加しました。

 

植樹の様子

 

森林の保全活動として、約600本の苗木を1つずつ丁寧に植樹しました。今回植えた苗木が10年後、20年後に上山集落を豊かなものにする事を願います。

活動後は上山集落の住民やDUNLOPの皆さんとバーベキューを楽しみ、日々の活動についての話題で盛り上がりました。

 

 

植樹の様子植樹の様子植樹の様子

 

 

  • 参加した学生の感想

かなり体力仕事でしたが、協力隊の人やダンロップの人とたくさんコミュニケーションが取れたので、とても楽しいイベントになりました。

福田 美波さん(社会福祉学科2年/岡山県林野高出身)

 

今回、私たちはダンロップさんが主催の上山での植樹活動に参加させていただきました。山々の木々が囲む大自然の中、自らの手で植えた木が成長していくことを、上山に行く新しい楽しみとしてこれからも活動を続けていきたいです。

大室 共生さん(社会福祉学科3年/高知県土佐塾高出身)

 

植樹の様子

 

上山コミュニティワーク実践研究会は、美作市上山集落に移住している地域おこし協力隊や、そのOBらの地域での活動に年間を通して参加することで、地域づくりや行事企画・運営について学ぶ、社会福祉学科学生が立ち上げた独自の研究会です。

 

次回は11月30日の「収穫祭」に参加予定です。

 

 

 

<上山集落『DUNLOP』との田植え>

<上山集落地域交流ツアー>

 

sdg_icon_15_ja.jpg

 

学科カテゴリー

学科トピックス一覧