Home>学部・大学院>福祉の分野について>社会福祉学科>学科トピックス>夢を叶えるために~大学社会福祉学科4年生が正月返上で国家試験対策~

福祉の分野

社会福祉学科

[社会福祉士養成課程]

夢を叶えるために~大学社会福祉学科4年生が正月返上で国家試験対策~

2019年01月16日社会福祉学科

大学社会福祉学科4年生が、「第31回(平成30年度)社会福祉士国家試験」に向け、ラストスパートをかけています。

 

美作大学は本来、12月28日(金曜)から1月3日(木曜)までは一斉休業で、学内施設の使用はできないことになっていますが、国家試験を受験する4年生に試験対策に集中してほしいと5号館のみ使用できるようにしており、毎年20名くらいの学生が集まり、この時期の風物詩といえる光景となっています。

 

resize_IMG_5429.jpgresize_IMG_5420.jpg

 

今年度の国家試験は、2月3日(日曜)に実施されますが、学生たちは仲間とともに戦っていることを実感しながら、5号館内の教室・演習室やホールで今まで進めてきた勉強のまとめをしたり、グループで教員から特別講義を受けたり、お正月返上で最終の追い込みをかけていました。

 

resize_IMG_5641.jpgresize_IMG_5498.jpg

 

他には、教員の自宅に泊まり込み『直前対策合宿』として学習をすすめる国家試験対策グループ、自宅で自分のペースで学習を進める学生も、それぞれの形で国家試験に向けて、年を越しました。

 

resize_DSC_4238.jpg

<教員の自宅での直前対策合宿の様子>

 

社会福祉学科教職員が、年越しそばや正月のお餅、お菓子などの「差し入れ」を持って激励に訪れるなど、学科一丸となって学生たちを応援しています。

また、冬休み前には、多くの卒業生が立ち寄ってくれ、後輩たちの役に立ちたいと、心のこもった「差し入れ」とともに、自分たちが受験した際に注意した点などアドバイスをしてくれています。

卒業生を含めた教職員が団結し、学生たちの最後の頑張りを応援しています。

 

resize_IMG_5397.jpgresize_IMG_5398.jpg

 

resize_IMG_5393.jpgresize_IMG_5390.jpg

<教員や卒業生が差し入れたお餅やそばを食べ、英気を養う学生たち>

 

4年間の授業での学びはもちろん、学科やゼミでの様々な取り組みや活動で社会福祉士に対する熱い想いを育て、モチベーションを維持し、学科全体で学びの集大成である国家試験合格に向けて進んでいます。

 

学科カテゴリー

学科トピックス一覧