Home>学部・大学院>福祉の分野について>社会福祉学科>学科トピックス>『こけない体操』を地域の方と一緒に~社会福祉学科の学生が佐良山地区でお手伝い~

福祉の分野

社会福祉学科

[社会福祉士養成課程]

『こけない体操』を地域の方と一緒に~社会福祉学科の学生が佐良山地区でお手伝い~

2018年12月05日社会福祉学科

11月25日(日曜)、津山市立佐良山小学校体育館で実施された「めざせ元気!!こけない体操佐良山地区交流大会」に社会福祉学科3年生6人が参加しました。

 

写真:参加者の住民のみなさんが一斉にこけない体操を実施する

 

このイベントは、佐良山地区住民が「地域内での仲間づくり」「地域の友と声をかけ合う交流の場」として、津山市健康増進課の作業療法士安本勝博さんの「こけない体操の効果と基本実技指導」と題して開催されました。当日は115人の住民の方などが参加して、大変盛大な行事で交流の場となりました。

 

写真:参加者の住民のみなさんが参加する中講演で話をするやすもと先生写真:パワーポイントの画面。自分が元気だと周りや場が元気になり、地域が元気になる

 

 

また、講話や実技指導の中では、学生たちは安本さんの効果のあるやり方に対し、見本となって体を動かしたり、住民の方と話し合いをして意見交換を行ったりと積極的にサポートをしていました。

写真:グループでの話し合いに大学生も参加

 

学生たちは、地域の活動を支援し、住民の方とコミュニケーションを取れる場に参加することで、社会福祉学科の学生がめざす「社会福祉士」が果たす役割を少しでも経験するために参加しました。

実行委員のみなさんや愛育委員の方々などと一緒に体育館のシート敷き、椅子等の配置などの会場準備から講話のお手伝い、片付けにも参加し、こういった行事やイベントを開催する大変さや重要性を感じていました。

 

写真:準備の様子。椅子並べをする学生たち写真:準備の様子。体育館にシートを敷く学生

 

学生たちは、「佐良山でのサポートはこれが初めてで、緊張と不安はあったが、実行委員の皆さんをはじめ地域の皆さんが優しく声を掛けてくださり、とても楽しく学びの多い貴重な時間を過ごすことができました。」と話していました。

 

<記事作成>

岡部祐依さん(社会福祉学科3年/岡山県美作高出身)

 

<参加学生(全員社会福祉学科3年生)>

■堀川涼子研究室所属

伊藤 将士さん(島根県横田高出身/トリニティカレッジ出雲医療福祉専門学校より編入)

岡部 祐依さん(岡山県美作高出身)

白岩 麗さん(岡山県美作高出身)

白石 真優さん(愛媛県内子高出身)

西田 まどかさん(高知県嶺北高出身)

■地域包括支援センター実習生

野々宮 明日香さん(高知県高知小津高出身)

 

学科カテゴリー

学科トピックス一覧