Home>学部・大学院>福祉の分野について>社会福祉学科>学科トピックス>認知症支援への理解を拡げて~世界アルツハイマーデーで学生がチラシ配布~

福祉の分野

社会福祉学科

[社会福祉士養成課程]

認知症支援への理解を拡げて~世界アルツハイマーデーで学生がチラシ配布~

2018年09月26日社会福祉学科

9月21日(金曜)は『世界アルツハイマーデー』。

「国際アルツハイマー病協会」(ADI)が世界保健機関(WHO)と共同で制定した日で、この日を中心に全世界でアルツハイマー病の啓蒙を実施しています。また、9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、様々な取り組みを行っています。

この日は世界アルツハイマーデーに合わせて全国各地の観光名所や自治体庁舎なども、認知症支援のシンボルカラーであるオレンジ色に色づきます。

 

写真:オレンジ色にライトアップされた備中櫓の前で記念撮影

 

津山市でも、公益社団法人「認知症の人と家族の会」岡山県支部と津山市地域包括支援センター、美作大学社会福祉学科堀川研究室とが企画をして、鶴山公園にある津山城備中櫓がオレンジ色にライトアップされました。

それにあわせて、堀川研究室の3年生7人と小坂田先生、堀川先生と津山市地域包括支援センターの職員とで、認知症支援の啓発チラシやパンフレットを街頭で配布しました。

 

写真:オレンジ色のティーシャツを着て、記念撮影

 

写真:街頭で啓発チラシやパンフレットを配布する学生と堀川先生写真:通行人にチラシを配布する

 

この日は生憎の小雨模様でしたが、学生たちは「オレンジ色」のTシャツを身にまとい、認知症への理解や認知症の支援活動について呼びかけました。

 

小坂田先生や堀川先生の研究室では、「住み慣れた地域で誰もが楽しく過ごせる地域」を実現するため、「地域福祉」「福祉のまちづくり」に関心をもち学ぶ学生たちと、「認知症への正しい理解」など福祉教育や「認知症支援」に関する取り組みを進めている津山市地域包括支援センターとさまざまな取り組みを共同で実施しています。

 

写真:世界アルツハイマーデーでオレンジ色にライトアップされた備中櫓写真:世界アルツハイマーデー啓発のためのオレンジ色のティーシャツ

 

 

学科カテゴリー

学科トピックス一覧