Home>学部・大学院>福祉の分野について>社会福祉学科>学科トピックス>世界アルツハイマーデーに合わせて各地の啓発活動に参加~大学社会福祉学科学生と教員~

福祉の分野

社会福祉学科

[社会福祉士養成課程]

世界アルツハイマーデーに合わせて各地の啓発活動に参加~大学社会福祉学科学生と教員~

2018年09月26日社会福祉学科

9月21日(金曜)は『世界アルツハイマーデー』。

「国際アルツハイマー病協会」(ADI)が世界保健機関(WHO)と共同で制定した日で、この日を中心に全世界でアルツハイマー病の啓蒙を実施しています。また、9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、全国各地で様々な取り組みが行われています。

津山市内や姫路市内での啓発事業、啓発活動に大学社会福祉学科の学生や教員が参加しています。

 

<岡山県津山市内での取り組み>

認知症支援への理解を拡げて~世界アルツハイマーデーで学生と教員がチラシ配布~

 

写真:オレンジ色のティーシャツを着て、記念撮影

 

<兵庫県姫路市内での取り組み>

ライトアップされた『世界文化遺産姫路城』で啓発活動~世界アルツハイマーデーに大学社会福祉学科の学生と教員が参加

 

resize_180921_02.jpg

 

 

 

 

 

 

学科カテゴリー

学科トピックス一覧