Home>学部・大学院>福祉の分野について>社会福祉学科>学科トピックス>質問や助言が飛び交い熱い発表会に~食物・社会福祉学科で卒業論文・卒業研究中間発表会~

福祉の分野

社会福祉学科

[社会福祉士養成課程]

質問や助言が飛び交い熱い発表会に~食物・社会福祉学科で卒業論文・卒業研究中間発表会~

2018年07月20日食物学科社会福祉学科

7月14日(土曜)、「卒業研究中間発表会」が大学食物学科は100周年記念館5階100周年ホール、大学社会福祉学科本館3階30教室・31教室でそれぞれ実施されました。

どちらの学科も「卒業研究」は選択科目で、今年度食物学科は10グループ32名、社会福祉学科は28名が履修して、取り組んでいます。

今日発表したのは一部の学生を除く全員で、食物学科は10分間、社会福祉学科は15分間で発表・質疑応答が行われました。

発表した学生たちにとって、それぞれ取り組んできたテーマについて、計画や経過を発表しました。その発表に対し、意見やアドバイスをもらうことで、今まで取り組んできたことの見直しと今後の進め方や進度の再確認をできるということでこの日に向けてそれぞれが準備をしてきました。

 

<食物学科の様子>

写真:食物学科卒業研究中間発表会の様子

 

写真:質疑応答に答える学生写真:熱心に発表を聞く下級生写真:他のグループの発表を聞く発表グループ

 

<社会福祉学科の様子>

写真:教員の質問に答える発表者

 

写真:発表者に質問をする下級生写真:質疑応答に答える発表者写真:全員が熱心に発表を聞く

 

緊張した面持ちで発表を済ませると、出席した学科教員からはもちろん同級生や後輩などからも質問があり、大変有意義な会となりました。

発表会終了後、質問した教員にさらに助言を求める姿や発表者同士でアドバイスをしている姿が印象的でした。

 

社会福祉学科は学会参加のため、今日発表できなかった学生については、7月16日(月)に実施しました。

 

写真:質問する下級生写真:熱心に聞く参加者写真:熱心に聞く下級生たち

 

写真:一生懸命発表する学生写真:熱心に聞き入る学生写真:発表者に質問する同じ卒業研究発表者。助言や意見交換ができている。

 

 

 

学科カテゴリー

学科トピックス一覧