Home>学部・大学院>福祉の分野について>社会福祉学科>学科トピックス>学内でおなじみの「すまかん」で学生たちが障がい者福祉事業所の活動支援

福祉の分野

社会福祉学科

[社会福祉士養成課程]

学内でおなじみの「すまかん」で学生たちが障がい者福祉事業所の活動支援

2018年06月19日社会福祉学科

学内でおなじみの「Smile Company(スマイル カンパニー)」の3回目が、6月15日(金曜)、本学で開催されました。

この取り組みは、社会福祉学科 薬師寺明子准教授の研究室に所属するゼミ生、4年生8人と3年生6人が、障がい者福祉事業所の活動支援として、学内での販売場所を提供し、利用者の方々と一緒に手作り食品や雑貨の学内販売を行っています。毎月1回の開催しており、今年度で6年目の活動となります。

 

写真:スマイルカンパニーのスタッフ学生

 

この日は共同販売として岡山県内の事業所「津山ひかり学園」「 津山みのり学園」、委託販売として岡山県の「泉学園」、「弘徳学園すまいる」、兵庫県の「フリーヘルプ」の事業所の商品の販売支援を行いました。

 

学内では、すでにおなじみになっているこの「すまかん」、いつも購入してくれる学生や教職員や初めて購入する学生たちが、販売開始直後から売り場に並んだクッキーやパン、小物などを手に取って買い求めました。

 

写真:それぞれの販売場所に列をなしてならぶ学生や教職員 写真:笑顔で買ったものをみせてくれる学生2人

 

写真:笑顔で買ったものをみせてくれる学生3人 写真:クッキーを買っている学生

 

写真:買ったものを笑顔で見せてくれる学生 写真:商品を選ぶ学生