Home>学部・大学院>福祉の分野について>社会福祉学科>学科トピックス>オール社会福祉学科をめざして~社会福祉学科教職員合宿会議~

福祉の分野

社会福祉学科

[社会福祉士養成課程]

オール社会福祉学科をめざして~社会福祉学科教職員合宿会議~

2018年05月15日社会福祉学科

5月5日(土曜)~5月6日(日曜)に大学社会福祉学科教職員の合宿会議がありました。

 この合宿会議は、社会福祉学科の教育方針や教育目標、社会福祉士国家試験や就職などの学生支援などの在り方について学科内で情報を共有し、教職員全員が一丸となってあたれるよう毎年この時期に実施しています。

 

写真:プレゼンテーションを利用して、学科の分析などを検討する様子 写真:熱心に資料に目をとおし、議論をする合宿参加者

 

 学科長から教育目標やディプロマポリシー、カリキュラムポリシー、アドミッションポリシーなどの確認から始まり、カリキュラムの内容についての確認や社会福祉士国家試験のそれぞれのグループでの取り組みの紹介など、情報共有や共通認識を図りました。

 また、今年は、学生募集や就職支援、国家試験対策などに対し、各担当教員が具体的データを示し、現状と成果、課題を明らかにしました。さらに、それを基に教職員が知恵を出し合い、戦略を練っていきました。 

 授業科目間のつながりやカリキュラムの問題点なども意見として挙がるなど、終始熱い議論、意見交換や情報共有がなされ、これらを踏まえた今年度の学科方針と新たな取組みが確認され、有意義な合宿となりました。

 

写真:社会福祉学科教職員の集合写真

 

 社会福祉学科は、この合宿会議で「学科所属の教職員全員が学科の根幹となる方針や目標や教職員の考えを共有」し、その考えにそって常日頃から全教職員が結束力を高め、教育・指導・実践力の育成をすすめることで、美作大学社会福祉学科のきめ細やかさと面倒見の良さを産み出しているように強く感じました。