イルミネーション点灯式を開催しました

2017年12月13日幼児教育学科

写真:階段に並んで歌を歌う学生たち

12月6日、毎年恒例のイルミネーション点灯式(幼児教育学科主催)を開催しました。点灯式では幼児教育学科の1・2年生が、タップダンス人形やクリスマスソングの合唱を披露し、続いて、来場者と学生が一緒にカウントダウンをして、イルミネーションに光を灯しました。イルミネーションは、本学幼児教育学科の学生たちが、子どもの夢を応援する保育者としての決意を新たにし、イルミネーションを通して地域との交流を図ることを目的に、2005年から毎年行っています。

写真:タップダンス人形を動かす学生たち

 

写真:灯かりを手に持って歌う学生たち

 

写真:観衆の前でダンスを披露する学生たち

 

今年は、安心して子どもたちがすごせる未来を目指したいという学生たちの願いを込めて「HEY!和~きらきらな未来をつなげよう~」をテーマに出し物が行われました。テーマと同じ題名の合唱では、平和を願う一人ひとりの気持ちが世界中に広がるようにという思いをキャンドルの灯りで表現しました。

写真:本館前のツリーイルミネーションと壁面のイルミネーション

 

写真:ツリーやシュッビップボーゲンなどの100周年記念館のイルミネーション

 

写真:シルエットイルミネーションに灯かりがともっている様子

その他に、本館前のメインツリーや、100周年記念館に吊り下げられた巨大ツリーを始め、シュビップボーゲンやステンドグラス風の作品、附属幼稚園の園児が描いたイラストを使った作品などが学内を彩りました。また、本館玄関ホールには、津山街ナリエの一角を飾った学生手作りの切り絵風シルエットイルミネーションが展示されています。

イルミネーションは12月25日までの間、毎日16時30分から21時まで点灯しています。

学科カテゴリー

学科トピックス一覧