Home>学部・大学院>子どもの分野について>幼児教育学科>学科トピックス>「保育者を目指すあなたへ~はじめての実習に臨むために~」有富裕子先生授業 幼児教育学科

子どもの分野

幼児教育学科

「保育者を目指すあなたへ~はじめての実習に臨むために~」有富裕子先生授業 幼児教育学科

7月12日(金)に、短期大学部幼児教育学科の1年生約50名が、保育園(所)・福祉施設・幼稚園の全ての実習に臨むにあたり、「保育者を目指すあなたへ~はじめての実習に臨むために~」と題して実習指導の講演を受講しました。

 

講師の有富裕子先生は社会福祉法人城北保育園に主任保育士を務められており、現場保育士の経験も豊富で、さらに本学卒業の大先輩です

s-IMG_4383.jpg

 

有富裕子先生はご自身の経歴や保育士としての経験を紹介され、保育現場で学んでこられたことを丁寧にお話くださいました。

また、子どもたちのこころをつかむ簡単な手品なども紹介してくださり、学生により近い距離でお話しをされ、笑いもおこる楽しい授業となりました

 

 s-IMG_4401.jpgs-IMG_4376.jpg

 

本学短大幼児教育学科では、保育所・施設・幼稚園の三実習の担当教員が協働で実習指導を実施しており、「価値・倫理」をテーマに授業を展開しています。

初めての実習は、1年生の夏季休暇(8/11~9/22)に保育園(所)へ「参加・観察実習を兼ねたボランティア」を6日間の予定で行います。

 

学生からは、実習前のこの時期に有富裕子先生から保育現場の子どもの姿と保育の実際についての講話を頂き、「有富先生のように表現力豊かで子どもたちを楽しませられるように、保育の技術を高めたいです。」「人は人と関わることで成長し、考え方や心持ちも変わっていくことを教えていただいたので、子どもや保護者、保育者など、様々な人との出会いを大切にしたいと思いました。」「今のうちからたくさんの絵本に出会って、保育の現場で活かせることができるようにしようと思いました。」などの感想がありました。

 

学生たちは、初めて臨む「保育観察・参加実習を兼ねたボランティア」に向け、子どもの成長の喜びや保育士として成長する魅力などを学ぶことができました。

学科カテゴリー

学科トピックス一覧