専攻科の学生が地域で介護の啓発活動を行いました

11月11日は「いい日、いい日」で介護の日です。たくさんの方に介護についての理解と認識を深めていただくために、10月29日に専攻科の学生が地域2か所で介護の啓発活動を行いました。

 

 

  • アルネ津山4階の津山市立図書館前のホールにて

アルネ津山4階の津山市立図書館前のホールを会場に、岡山県介護福祉士会美作ブロックと共同開催で、介護福祉機器の展示とリラクゼーションマッサージを行いました。午前中、23名の方にお越しいただき、心を込めて、リラクゼーションマッサージをさせていただきました。雨の中、お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

写真:椅子に座って地域の人の方をマッサージする学生

 

写真:高齢者の首に手を当ててマッサージする学生

 

 

  • 東苫田公民館で行われた第33回東苫田地区文化祭と健康福祉祭りにて

東苫田公民館で行われた第33回東苫田地区文化祭と健康福祉祭りで、専攻科の学生が介護に関する展示とリラクゼーションマッサージを行いました。雨天で屋外の催しは中止でしたが、それでも午後から18名の地域の方にリラクゼーションを体験していただきました。その中で、地域住民の方はじめ、民生委員さんや婦人会の方など、地域で活躍されている方の生の声を聴かせていただき、勉強させていただきました。

 

写真:学生と地域の方が2人組になってマッサージをする様子

 

 

リラクゼーションを体験して下さったみなさんから「体が温まって、気持ちよくなった~」「頑張ってね~」とお声かけをいただき、学生も励みになりました。

 

写真:女性の方に手を当ててマッサージする女子学生

 

写真:学生のマッサージを受けてほほえむ地域の方

 

 

 

 

11月13日まで大学本館1号館の間の渡り廊下では、介護事例研究の授業でまとめた食事や入浴など介護に関する展示を行っています。ぜひ、覗いてみてください。