教育方針

学科長からのメッセージ

高齢者や障がい者のかかえる問題が複雑多様化し、重度化している今日、超高齢社会といわれる21世紀には介護福祉士に対する期待も大きく、社会福祉分野の知識、家政学分野の知識、医学・看護の知識を土台とした、科学的な介護を計画的に実践し、幅広い視野で介護を展開する介護者の育成が急務となっています。
専攻科では、幼児教育学科の2年間を修了後、「介護福祉士」をめざして、より専門性を追究しながら、実社会で役立つ教育や福祉のプロ育成を支援しています。

専攻科長 須江 裕子 准教授

写真:専攻科長 須江裕子

教育目的・目標

保育士の基礎資格を生かし、保育の心をもった介護福祉士、介護のできる保育士を目指して、専門性や実践力を磨き、福祉や家政、医学・看護の知識を基礎とした、科学的で計画的な介護技術や幅広い視野を備え、併せて、実社会で役立つ教育や福祉の専門家としての介護福祉士の養成を目的としています。
この人材養成の目的を達成するために、次の4点を教育目標として掲げています。

  • 感性豊かな人間性と幅広い教養を身につけ、豊かなコミュニケーション能力を用いて、介護を必要とする人との信頼関係を築くことができる力を養う。
  • 要介護者等の状況を適切に判断し、それに応じた介護を計画的に実施するとともに、その結果を自ら評価できる能力を養う。
  • 介護を必要とする人の生命や人権を尊重し、自立支援の観点から、質の高い介護技術の修得をめざす。
  • 資質の向上を目指して常に自己研鑽に努めながら、他の保健・医療・福祉従事者等と連携し、協働して介護できる姿勢を身につける。

アドミッション・ポリシー

  • 高齢者や障がい者支援についての専門的な知識や技能を学び、地域社会に貢献したい人
  • 自己を見つめ、積極的に自己研鑽できる人
  • 保育士としての専門的な知識や技能をもち、幅広い視点から物事を考える人

カリキュラム・ポリシー

介護福祉専攻は、保育士の資格を基礎として、1年間で高齢者や障がい児(者)の生活に寄り添い、生活の質を高めるための専門的な知識や技能・実践的な能力を身に付けた福祉の専門家としての介護福祉士の養成を目的として、以下のように教育課程を編成している。

  • 人間と社会に関する科目
  • 介護に関する科目
  • こころとからだのしくみに関する科目
  • 医療的ケアに関する科目

美作大学短期大学部のアドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーは、短期大学部概要ページをご参照ください。