専攻科、介護福祉士・保育士について卒業生の声を聞く

2019年07月05日専攻科介護福祉専攻

7月2日(火曜)、専攻科の授業で、専攻科卒業生2名を講師としてお招きし、介護福祉士と保育士の仕事内容や勤務形態、やりがいや苦労したこと、就職活動のポイントなど、両側面からの経験談をお話ししていただきました。

 

rezized_DSC_0358.jpg

 

永禮緑さん(市内福祉施設勤務)は、これまで私的な環境の変化に応じて保育と介護の二つの資格を上手に活用してこられました。その経歴を時系列に沿って説明し、その時感じた素直な気持ちなどを学生たちに伝えられました。

 

rezized_DSC_0364.jpg

 

竹内理沙さん(市内保育園勤務)は、子供たちの成長を間近で見られることの喜びや、働く中で学んだことなど、実際に働いてみないと体験することのできない内容や、学生時代先生から言われた言葉で今になって実感したことなどを学生たちに伝えられました。

 

rezized_DSC_0367.jpg

 

学生たちは普段の学生生活の中では聞くことができない話に真剣に聞き入り、時には笑いも起こりながら、講義は和やかな雰囲気で行われました。また、質疑応答では積極的な質問も出て有意義な時間となりました。

 

rezized_DSC_0374.jpg

 

  • 学生からの感想

「先輩方の話を聞いて、保育士と介護福祉士の仕事にやりがいがある事を感じることができました。今はまだ進路に迷っていますが、今以上に理解を深めて学んでいきたいと思いました。」

「同時に2種類の職業の話を聞く機会はなかなかないので、比較することができ、さまざまな視点から学ぶことができました。」

学科カテゴリー

学科トピックス一覧