Home>学部・大学院>福祉の分野について>専攻科 介護福祉専攻>学科トピックス>実践力を身につける~専攻科介護福祉専攻が防災体験と救命訓練を受講~

福祉の分野

専攻科[介護福祉専攻]

実践力を身につける~専攻科介護福祉専攻が防災体験と救命訓練を受講~

2019年05月22日専攻科介護福祉専攻

5/17(金曜)、短大専攻科介護福祉専攻の学生8名が、津山圏域消防組合(津山市林田)で防災体験と救命訓練を受けました。

 

rezized_190517_D53_0474.jpg

 

 

防災体験では震度7の揺れと煙の中の避難を全員が体験しました。どちらも想像を上回る衝撃でしたが、指導員の方から事前に教わった避難方法を落ち着いて実施できるよう、学生同士で声を掛け合いながら行いました。

 

rezized_190517_D53_0405.jpg rezized_190517_D53_0400.jpg

 

 

救命訓練は、今回は医療的ケアの授業の一環として行われました。介護福祉の現場は命と向き合う職場であり、緊急時に進んで救命ができるよう、学生達は真剣に取り組んでいました。

 

 

rezized_190517_D53_0452.jpg rezized_190517_D53_0435.jpg rezized_190517_D53_0445.jpg

 

 

学生からは、嘔吐している人の救命方法や餅を詰まらせた時の対処について、実践レベルでの質問が積極的に出されました。

 

「まずは救命訓練を体験することで恐怖心を少しでも払拭し、救える命を1つでも増やしてほしい。そのために何度でも繰り返し救命訓練をすることが大切。」と指導教官からお話がありました。

 

 

rezized_190517_D53_0428.jpg

 

 

当日は火災で出動が重なる忙しい中でしたが、津山圏域消防組合の皆さまが熱心にご指導いただき学びの多い充実した研修となりました。

 

学科カテゴリー

学科トピックス一覧