Home>学部・大学院>福祉の分野について>専攻科 介護福祉専攻>学科トピックス>介護のスペシャリストとしての活躍を願って~生命保険協会から介護福祉士奨学金授与~

福祉の分野

専攻科[介護福祉専攻]

介護のスペシャリストとしての活躍を願って~生命保険協会から介護福祉士奨学金授与~

2018年07月21日専攻科介護福祉専攻

7月18日(水曜)、生命保険協会介護福祉士奨学金授与式が本学にておこなわれ、生命保険協会、岡山県協会事務局長の志野勝宏様より、専攻科介護福祉専攻の落合果歩さん(津山商業高校出身)に目録が授与されました。

 

写真:目録を手に記念撮影


岡山県内の介護福祉士養成施設は12校ありますが、本学を含めた5校がこの奨学金制度に選定されています。

落合さんは本学短大幼児教育学科卒業後、「介護福祉士を取得して、介護の現場で働きたい」と専攻科に進学し、成績優秀で、福祉・介護に対する熱意も持ち、専門職として活躍が期待されるため、この奨学生に選ばれました。

 

生命保険協会介護福祉士奨学金制度は、昭和62年の「介護福祉士」国家資格制度化を契機に、介護の専門職として期待される介護福祉士の養成を支援する目的で、平成元年より給付型の奨学金制度として始まり、これまでの奨学金採用者は全国で5,000人近くにのぼります。

学科カテゴリー

学科トピックス一覧