Home>学部・大学院>子どもの分野について>児童学科>学科トピックス>今年度4回目のみまさか子育てカレッジ「親子で運動あそび」が開催されました

子どもの分野

児童学科

[小学校教員養成コース]
[保育士・幼稚園教員養成コース]

今年度4回目のみまさか子育てカレッジ「親子で運動あそび」が開催されました

2019年11月11日児童学科

11月1日(金曜)、本学体育館とサブアリーナで「親子で運動あそび」(津山市社会福祉協議会主催)が実施されました。

 

体育館の様子

 

「親子で運動あそび」は、地域の未就園児の親子を対象に年に4回開催しており、今回は第4回目となります。

この取り組みには保育士養成課程のある大学児童学科と短大幼児教育学科が協力しており、この日は児童学科2年生の学生が授業の一環として参加しました。

まずは、10時30分から体育館2Fサブアリーナで「親子ふれあいあそび」が実施されました。

 

親子で運動遊びの様子親子で運動遊びの様子親子で運動遊びの様子

 

その後、1Fアリーナへ移動し、手作りの遊具で子どもたちと一緒に遊びました。この遊具は、児童学科の学生たちが授業や放課後を使って「子どもの発達に即した、安全で楽しめるもの」を工夫して制作しています。

 

体育館で遊ぶ様子体育館で遊ぶ様子体育館で遊ぶ様子体育館で遊ぶ様子

 

この取り組みは、大学や行政、地域などが協働で取り組む子育て支援事業“みまさか子育てカレッジ”の活動の一環です。『親子で運動あそび』は、参加の申込開始日に、即定員いっぱいになる大人気の講座で地域の親子からとても好評いただいています。

 

体育館で遊ぶ様子体育館で遊ぶ様子

 

 

<1回目の様子> 

<2回目の様子>

<3回目の様子>

 

学科カテゴリー

学科トピックス一覧