Home>学部・大学院>子どもの分野について>児童学科>学科トピックス>プレーパーク~津山のひみつ基地~で学生が補助員がボランティアをしました

子どもの分野

児童学科

[小学校教員養成コース]
[保育士・幼稚園教員養成コース]

プレーパーク~津山のひみつ基地~で学生が補助員がボランティアをしました

2019年10月09日児童学科

10月5日(土曜)、プレーパーク「津山のひみつ基地~子どもがやりたいことをとことんやりきれるあそび場~」(プレーパーク実行委員主催)が津山市大田のリージョンセンター周辺のわんぱくの森で開催され、本学の学生がボランティアとして参加しました。

 

子どもと遊ぶ美作大学生 会場準備をする美作大学生

 

津山のひみつ基地とは、子どもが「やってみたい!」ことをできるだけ実現するように、使用場所の管理者と調整しながら禁止事項をなるべく減らしています。子どもが自らの感覚を磨き、生きるチカラを育む環境を、「県北にもプレーパークを!」と願う有志のおとなと学生で支える活動です。

 

ハンモックに乗って遊ぶ子ども ノコギリで木を切る子ども

 

この日は、児童学科から5名、社会福祉学科から1名の学生が参加し、会場の設営や子ども達が安全で安心して遊べるよう補助を行いました。

 

多くの親子連れが参加し、絵の具で絵を描いたり、ローブやハンモックで遊んだり、木を使用した工作などを楽しみました。

 

プレーパークの説明文 段ボールトンネルをのぞく子ども

 

 学生たちも、子ども達と触れ合う中で、楽しんでもらえるよう工夫し、安全に遊べるよう気を配り、フィールドワークとして楽しみながら学びを深めました。

 

 

学科カテゴリー

学科トピックス一覧