児童学科幼保コースの学生が子どもたちとサツマイモ掘りを実施

2019年10月18日児童学科

10月2日(水曜)と4日(金曜)に、美作大学に隣接する学校所有の畑で、児童学科保育士・幼稚園教員養成コースの4年生と、津山市立中央児童館の親子クラブの親子連れが、サツマイモの収穫をしました。

 

芋掘りの様子 芋掘りの様子

 

「保育・教職実践演習」の授業内で、春に子どもたちと一緒に苗を植えており、今日まで大切に育ててきたサツマイモを収穫しました。

子どもたちはスコップを手に取り頭を出したサツマイモを見つけ、学生たちが安全に楽しく収穫できるように手伝いました。

芋掘りの様子芋掘りの様子

 

学生はこの授業を通じて、保育者として子どもや保護者との関係を築きながら、季節の変化と子どもの成長などに応じた実践力を身に着けていきます。

 

芋掘りの様子芋掘りの様子芋掘りの様子

 

翌週に2日間にわけて、収穫したサツマイモを使用した収穫祭を実施しました。

学生たちは、サツマイモにちなんだレクリエーションを行ったり、サツマイモご飯やサツマイモきんとんを作ったりして、秋の味覚を子どもたちと一緒に楽しみました。

 

収穫祭の様子収穫祭の様子

 

<昨年の芋掘りの様子>

学科カテゴリー

学科トピックス一覧