本文へスキップ
ここから本文です。

Home>新着情報>お知らせ>JA晴れの国岡山津山総括本部より学生に岡山県産米「きぬむすめ」3000kgを提供いただきました

新着情報

News

JA晴れの国岡山津山総括本部より学生に岡山県産米「きぬむすめ」3000kgを提供いただきました

2021年07月07日 お知らせ

7月5日(月曜)、コロナ禍で生活に困窮する学生を支援したいと、JA晴れの国岡山津山総括本部より岡山県産米「きぬむすめ」3000kgをご支援いただきました。

 

  お米を配布する様子  

 

「きぬむすめ」は県産米の食味ランクで最高の「特A」を5年連続で獲得しています。この日、3kg入りの「きぬむすめ」1000袋を本学まで届けていただきました。

 

お米を運搬する様子

 

贈呈式では、中西直政津山総括本部常務より「親元を離れて暮らす学生が多い中、生活の助けになればと思い“きぬむすめ”を贈ります」と挨拶があり、学友会副会長の横部亜依さん(児童学科2年生/津山東高校出身)が「この度のご支援を力に、皆さまの期待に応えられるよう勉学に励みます」とお礼を述べました。

 

贈呈式の様子

 

学生たちは、無料野菜スタンドに積み上げられたお米の量に驚きと喜びの声をあげ、JA晴れの国岡山の職員の方々に感謝の言葉を述べながらお米を受け取りました。

 

   お米を配布する様子

 

この度のご支援、誠にありがとうございました。