Home>新着情報>お知らせ>つしん福祉人材養成奨学金の授与式を開催

新着情報

News

つしん福祉人材養成奨学金の授与式を開催

2020年06月19日 お知らせ

6月17日(水曜)津山信用金庫(津山市山下)から福祉を学び、作州地域での就職を希望している学生5名に「つしん福祉人材養成奨学金」が贈られました。

林田支店(津山市林田)にて授与式が行われ、今年度は、社会福祉学科1年生3名と専攻科介護福祉専攻の学生2名の計5名が選ばれました。

 

 

津山信用金庫松岡理事長は、コロナウィルス感染拡大に触れ「変化への対応力が求められる時期である。自分が進む道を考えながら、勉学に励んでほしい」と激励のお言葉をいただきました。
そして、松岡裕司理事長より奨学金の目録が一人ひとりに手渡されました。

 

 

学生たちは「これからも勉学に励み、それぞれが目指している国家資格を必ず取得し、津山圏域の地域に貢献していきたい」とお礼の言葉を述べました。

 

 

<今回奨学金の授与を受けた学生>

美作大学
社会福祉学科1年
苅田 未来   美作高校出身
綱山 かりな  林野高校出身
森田 優美   美作高校出身

美作大学短期大学部
専攻科介護福祉専攻
下山 裕未   美作大学短期大学部幼児教育学科出身 美作高校出身
馬場 咲良   美作大学短期大学部幼児教育学科出身 美作高校出身

この奨学金制度は、津山信用金庫の地域貢献の一環として、福祉業界の人材不足解消に向けて「津山圏域における福祉人材を地元で養成する本学の学生に対して、末永く地域で活躍すること」を目的に2010(平成22)年度に創設されました。今年度でのべ53名もの学生が奨学金を授与されています。