本文へスキップ
ここから本文です。

Home>新着情報>お知らせ>美作大学・美作大学短期大学部 後援会長からのメッセージ

新着情報

News

美作大学・美作大学短期大学部 後援会長からのメッセージ

2021年02月02日 お知らせ

  • 地域の皆様へ

日頃は後援会活動にご協力頂きありがとうございます。
また、地域の皆様には学生たちへのご配慮と暖かいお声がけ、感謝申し上げます。
今しばらく続くこの感染拡大防止につきまして、地域に根付くこの大学に通う学生たちへのご支援、励ましをどうぞ引き続きお願いいたします。

 

  • 学生のみなさんへ

先日、当校にもコロナウイルスの感染者が出ました。それでも学生のみなさんの日頃からの感染予防対策の協力により今まで一人の感染者も出さずに来たことは、大都市圏の緊急事態宣言下、高い感染状況において奇跡に近いことであったと思います。大切なのはまだ続くこのような状況の中で予防対策をし続けることの継続する気持ちであると思います。
また、誰しもが注意していても感染してしまうリスクを持っていることを知り、根拠なく思いついたその憤り(いきどおり)や考えを近くにいる方に伝え広げることに気を付け、一度間(ま)を置き、どのように考え行動することが大切なのか、心を配ることをぜひ学んでいってもらいたいと思います。

今もなお、世の中では様々な境遇にある人々が自分の考えにあわない人を傷つける報道に接する事が多々あります。本来こんなことは絶対にあってはならない事です。
大人の私たちこそ注意をしなければならないことだとも思います。

 

この一年、友だちと思い描いた楽しい学生生活にも制限ありなかなか思う通りにできない状況を見て、私たち保護者も、口惜しくつらく感じていました。
でも、そんな手探りの中であっても、真摯に大学の学びを重ね、友だちと過ごす時間を大切にし、前向きに進む姿は、下を向きがちな大人の私たちに希望をもたらしてくれます。

 

学生のみなさんの笑顔は守らなければならないものだと強く感じます。

 

心無い言葉が聞こえ落ち込んだとき、くじけそうな気持ちになったとき、大学の先生方や職員の方々がいつも助けてくれることを思い出してください。また、後ろには保護者のみなさんが支えてくれていることも忘れないで下さい。地域のみなさんも力になりたいと応援してくれています。
大変な状況ですがどうか相手の気持ちを考え寄り添う心を大事にして、サポートできる力を育てていってください。
相手の気持ちに寄り添う「心ある言葉」をお互いにかけあえる地域を創り、未来への道を切り拓いていく学生のみなさんを強く応援しています。

 

後援会でもみなさんをサポートしていきたいと思っています。お互い予防対策には引き続き気を引き締めつつ前に進むために。
今は少しでも学生のみなさんの励みになりますように。この声が(本学だけにとどまらず)多くの学生のみなさんに届きますように。

 

 

2021年2月1日

美作大学・美作大学短期大学部

後援会 会長    花谷 秀樹