本文へスキップ
ここから本文です。

Home>新着情報>お知らせ>立正佼成会より、学生支援金とお米をご支援いただきました

新着情報

News

立正佼成会より、学生支援金とお米をご支援いただきました

2023年12月06日 お知らせ

11月22日(水曜)、立正佼成会 津山教会長の東伸吉様より、コロナ禍に係る学生への経済支援として、津山教会会員(農家)の方からの奉納米90kgと、「一食(いちじき)を奉げる運動」で会員の方々から募った浄財を、学生支援金として寄贈していただきました。

※「一食(いちじき)を奉げる運動」とは、毎月1日と15日の2日、3度の食事のうち1食を抜き、その食事代を献金するもので、飢えや病気に苦しむ世界の人々のために役立てようとする運動です。

 

 

この度の支援金は大学社会福祉学科の取り組みである城東地区の「じ・ば・子のおうち」へ送られました。

代表として社会福祉学科2年の青山舞彩さんが受け取り、「頂いた貴重な寄付金を、施設の設備の面で使用させていただきたいと思います」とお礼を述べました。

 

 

いただいたお米については、後日本学の無料野菜スタンドで学生に配布する予定です。

立正佼成会津山教会長の東様をはじめとした会員の皆さま、この度のご支援に心より感謝申し上げます。