Home>新着情報>お知らせ>発達障がいのある学生の就学や就労を支援するため、教職員を対象にした研修を実施しました

新着情報

News

発達障がいのある学生の就学や就労を支援するため、教職員を対象にした研修を実施しました

2018年02月27日お知らせ

2月26日に、発達障がいのある学生の就学や就労の支援に関する、教職員を対象にした研修を実施しました。

写真:大勢の教職員が椅子に座って講演を聞く様子

研修会では、自閉スペクトラム症や、AD/HD、LD(限局性学習症)などの発達障がいの特徴や支援方法について、発達支援アドバイザーの安田純教授が講演を行いました。その他にも、教職員の支援チームから、障がいのある学生への支援が充実している富山大学の視察報告や、本学での事例報告、本学の学生支援体制の説明が行われました。教職員は、研修会を通して、発達障がいに関して理解を深めるとともに、学生支援の取り組みを再確認しました。

 

学生と教員の距離が近いアットホームな雰囲気のある本学では、日頃から学生と接する教職員が専門スタッフと連携を取りながら学生をサポートする体制があります。この美作ならではの特徴を踏まえ、今回学んだことを学生支援に活かし、学生たちが充実した学生生活を送れる環境をさらに整備していきたいと考えています。