Home>新着情報>お知らせ>国分寺保育園が経済的に不安を抱える学生を救済

新着情報

News

国分寺保育園が経済的に不安を抱える学生を救済

2020年05月26日 お知らせ

5月22日(金曜)、新型コロナウイルス感染拡大の影響で経済的に不安を抱える学生を支援したいと、国分寺保育園が学生アルバイトを受け入れてくださいました。

中村信也園長先生が「せっかく保育士になろうと夢を持って入学した学生が、このような状況で夢をあきらめることはあってなはいけない。なにか協力できることがあれば。」という思いで、本学幼児教育学科へ相談をしてくださり、2名の学生を紹介しました。

園児の前で挨拶をする学生の様子

初日は、今年度美作大学短期大学部 幼児教育学科に入学した中島天勢さん(富山県南砺福野高校出身)が保育補助として働きました。

富山県から進学し、アルバイト先が見つからず生活費に不安を抱えていた中島さんは、「アルバイトで生活費を稼ぐことができ、子どもたちに関する学びも深められるので本当にありがたいです。」と話しました。

園児と遊ぶ学生の様子

美作大学・美作大学短期大学部の暮らしを支える人材育成は、このような地域の支えがあってこそ成り立っています。

国分寺保育園は、常日頃から学生の臨地実習や就職先としてもお世話になっており、中村園長先生を始めとした国分寺保育園の職員の皆さまには誠に感謝申し上げます。

この度の取り組みは、津山朝日新聞にも掲載されました。