Home>新着情報>お知らせ>藤原理事長が丹精込めて育てた大根300本を学生に届けました

新着情報

News

藤原理事長が丹精込めて育てた大根300本を学生に届けました

2019年11月14日お知らせ

11月14日(木曜)、藤原修己理事長が丹精込めて育てた大根およそ300本が、学生たちに提供されました。

 

大根を持つ理事長と学生 大根

 

この大根は、「学生たちの喜ぶ顔がみたい」「少しでも新鮮な野菜を学生たちに食べてもらいたい」と理事長自ら育て、収穫してきたもので、毎年1,000本以上の大根を提供してくださっています。

 

大根を嬉しそうに持って帰る学生 大根を嬉しそうに持って帰る学生

 

もともと、地域の方が「形がふぞろいで売れなくなった野菜でも学生さんたちは喜んでくれるだろうか」と提供くださったのがきっかけで、2010年頃から学内に「無料野菜コーナー」を設置しました。定期的に地域の方・教職員などから四季折々の野菜が届けられています。

 

大根を嬉しそうに持って帰る学生 大根を嬉しそうに持って帰る学生

 

学生たちは、楽しそうに夕食のメニューを口にしながら思い思いに大根を持って帰りました。