Home>新着情報>お知らせ>基本的な図書館の利活用や専門教育の学習を進めるために~図書館ガイダンス(後期)を実施~

新着情報

News

基本的な図書館の利活用や専門教育の学習を進めるために~図書館ガイダンス(後期)を実施~

2018年10月25日お知らせ

美作大学・美作大学短期大学部 図書館(館長:長谷川勝一)では、大学1年生、3年生、専攻科の学生向けに、文献・データベース検索ガイダンスを実施しています。


大学1年生は、論文や新聞記事を検索するデータベースについて、実際に検索課題を解きながら使用方法を学びます。

「論文データベース検索」では、今年10月にノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑先生の論文を検索したり、海洋学者でもあり本学の白梅祭(2015年)でトークショーを行ったさかなクンの執筆した論文などに閲覧してみたりと、これから大学で学習を進めるために必要な論文検索など図書館のさらなる活用方法を会得していきます。

また、「新聞記事データベース検索」では、本学が共学化した時の新聞記事や、2017年に行われたB'zの津山でのライブの記事などを検索した後、それぞれのテーマに沿った新聞記事を検索していきます。

 

写真:図書館職員からガイダンスを受ける学生たち


専門分野の知識がさらに必要となる大学3年生に対しては、さらに高度な「データベース検索」と「他大学からの論文の取り寄せる方法」などを学び、日々の授業での課題・レポート作成、卒業研究・卒業論文等に活かせる情報収集力を身につけていけるように進めています。

これらは、専門職に就いた後も必要な能力であり、それぞれが真剣に実習に取り組んでいます。

これらの図書館ガイダンス(後期)は、12月まで順次開催予定です。

 

resize_IMG_5079.jpg

 

本学では、1年生の通年で初年次教育を目的に開講している「1年次セミナー」の前期授業において、基本的な図書館の利用方法などを学ぶため、図書館ガイダンスを大学短大の全学科で実施しています。

また、図書館のさらなる利活用を進めるために、新聞記事や論文検索などを深く学ぶために後期にも図書館ガイダンスを実施しています。