Home>新着情報>イベント>~地域の安全に貢献するために~「防災士養成講座」開講し、75名の学生が受講

新着情報

News

~地域の安全に貢献するために~「防災士養成講座」開講し、75名の学生が受講

2021年09月27日 イベント

8月31日(火曜)~9月10日(金曜)、美作大学で「防災士養成講座」が開講され、大学1~4年・短大1~2年生の学生75名、職員2名、一般市民の受講生2名が「災害を知る」「災害に備える」の2科目を受講しました。

 

講義の様子

 

近年自然災害が目立ち、地域で働く人材にとって防災の知識というのは非常に重要なものとなってきています。本学ではそのような状況に対応できる専門職人材を輩出すべく、日本防災士機構から防災士研修実施教育機関として認定を受け、2020年度より全学科で『防災士資格取得試験受験資格』の取得を可能としました。

防災士養成講座を開講して今年で2年目となります。

 

グループワークの様子

 

防災士とは、「自助」「共助」「協働」を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待され、そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得した人であることを日本防災士機構が認証するものです。地域・職場における防災の取組や災害時のリーダー役として、防災士は必要不可欠な存在といえます。

 

グループワークの様子

 

“地元地域の人を災害から守りたい”という思いから様々な出身県の学生が受講し、最終日には修了証を受け取った後、防災士の認定試験を受けました。

 

 

参加した学生からのコメント
「近年災害のニュースをよく目にしますし、気候が変わり災害が増えていると聞きます。将来に備えて知識を増やし、周りの人たちを守る力を身に付けたいと思い受講しました。」
「人々の生活を支える資格を目指す中で、防災についての勉強も必要であると思います。この講座で得た知識を将来職場で活かしたいと思います。」