Home>新着情報>イベント>『学長と学生の懇談会』を開催しました

新着情報

News

『学長と学生の懇談会』を開催しました

2019年07月11日イベント

7月2日(火曜)、学内で『学長と学生の懇談会』が開催され、学友会執行部、クラブ・サークル連合会、白梅祭実行委員会などで役員を務める学生12名と、学長や副学長、関係教職員など8名が参加をしました。

 

rezized_DSC_0298.jpg

 

この懇談会は、日ごろ学生たちが意見を届ける機会の少ない、学長をはじめとした教職員に対して、学友会執行部などの団体が学生代表として意見や要望を伝え、学生生活や大学運営をより良いものにすることを目的とし開催しています。

 

rezized_DSC_0330.jpgrezized_DSC_0316.jpg

 

 

学友会執行部からは、学生の意見を集める投書箱“みまっぱこ”に寄せられた、学内の設備についての要望や、新学生寮に対する質問などがあがりました。学長らは意見を真摯に受け止め、現状説明やこれからの対応策等を話し合いました。

学生達は物怖じせず意見をぶつけ合い、懇談会は3時間近くにもおよびました。

 

rezized_DSC_0326.jpg

 

学友会長の武井功大さん(児童学科3年/岡山県勝山高出身)は「普段学生の意見と大学側の意見を正面からぶつけ合う機会がないので、とても勉強になりました。この場で話し合った内容を学生の皆に伝え、今後も学生の意見を幅広く集めて大学側に伝えることによって、皆がより良い学生生活を送ることができるよう努めたいと思います。長時間ありがとうございました。」と、懇談会の感想を述べました。