Home>新着情報>イベント>みてみて!こんなのできたよ~本学教員による『絵画造形教室』(美作大学附属幼稚園)が造形活動の成果を展示~

新着情報

News

みてみて!こんなのできたよ~本学教員による『絵画造形教室』(美作大学附属幼稚園)が造形活動の成果を展示~

2019年01月30日イベント

美作大学短期大学部幼児教育学科 中田 稔教授が講師を務める「美作大学附属幼稚園『絵画造形教室』」の受講園児の作品展示が美作学園100周年記念館1階コリドールで、1月26日(土曜)からはじまっています。

 

resize_190129_D72_9451.jpg

 

resize_190129_D72_9446.jpgresize_190129_D72_9445.jpg

 

『絵画造形教室』は、附属幼稚園が実施する特別教室の1つで、毎週1回(水曜日)、附属幼稚園の年長児と年中児の希望者を対象に実施し、1年間活動します。今年度は、25人の園児が受講しています。

また、この展示は、『絵画造形教室』での造形活動の一年に一度の発表の場となっています。

 

resize_190129_a08671.jpgresize_190129_a08717.jpg

 

展示スペースには、園児たちが描いたり、作ったりした色彩豊かな作品や夢が溢れる作品、随所に工夫が見える作品などがところ狭しと並び、子どもたちの豊かな発想や、のびのびとした表現の数々が楽しめます。

全員で共同で作りあげた大作も多数展示され、壁一面に拡がる雄大な景色や表現が目を見張ります。

 

resize_190129_D72_9441.jpg

 

resize_190129_a08745.jpgresize_190129_D72_9439.jpg

 

大学構内での展示とあって、保育の道を目指す美作大学・美作大学短期大学部の学生や同じ100周年記念館内にある一般利用が可能な美作大学・美作大学短期大学部図書館の利用者の方の目を楽しませています。

 

resize_190130_D72_9457.jpg

 

中田稔教授は、「一人ひとりが、『おもしろそう』『やってみたい』と思えるような題材を工夫し、作品の出来映えや、上手・下手ではなく、この時期にしかできない子どもらしい表現を大切にして、のびのびと楽しく取り組むことができるように指導してきました。園児たちが毎回夢中になって制作した作品をしっかりと楽しんでください。」と話していました。

 

resize_190129_a08694.jpg

 

resize_190129_a08670.jpgresize_190129_a08692.jpg

 

展示期間は、1月26日(土曜)から2月12日(火曜)で、どなたでも見ていただけます。

※展示の見学をご希望の方は、図書館の開館日や時間をご確認の上、お越しください。

<美作大学図書館利用案内>

 

resize_190129_a08727.jpgresize_190129_a08715.jpg

 

------------------

美作大学附属幼稚園では、「学びの土台づくり」を教育目標とし、様々な活動を通じ、「遊び」から「学び」へとつなげています。保育終了後の特別教室として、この「絵画造形教室」の他に、「英語教室」「体操教室」「音楽教室」「かきかた教室」を実施しています。「体操教室」は本学幼児教育学科 松坂仁美教授が担当しています。<詳細はこちらへ