Home>外部連携>公開講座:2018(平成30)年度

外部連携

Community Cooperation & Extensions

公開講座:2018(平成30)年度

「美作大学公開講座『これからの「食」と「子ども」と「福祉」を考える』」を 9月・10月に開催します

平成30年度 美作大学公開講座『これからの「食」と「子ども」と「福祉」を考える』

美作大学と美作大学短期大学部では、地域に開かれた大学をめざして、どなたでも受講できる公開講座を毎年開催しています。

【概要】

本年度は、「食」と「子ども」と「福祉」をテーマに、「地域生活を支える」専門職を目指す学生が学んでいる理論や知識、話題をわかりやすく解説します。
どうぞ、土曜のひと時、美作大学生になってみませんか。ふるってご参加ください。

参加資格:一般市民の方ならどなたでも参加できます 
定員:各講座50名(応募多数の場合は抽選することもあります) 
受講料:無料 
会場:美作大学(津山市北園町50) 
後援:津山市・津山市教育委員会 

 

【日程と内容】
日時テーマ・タイトル
内容
講師

 

■第1回
福祉分野
9月15日(土)
10:00~12:00
『歴史のなかの子どもたち』
 「子ども」の概念に関して、歴史における誕生と消滅の原因、
 今後の展望について福祉的視野から解説する
有岡 道博
(准教授)

 

■第2回
子ども分野
9月22日(土)
13:30~15:30
『現代子ども論』
 現在の子どもを取り巻く環境は、どのように変化してきているのか。
 「子ども」のこれからについて考える
岡村 健太
(准教授)

 

■第3回
子ども分野
9月29日(土)
10:00~12:00
『子どもを学ぶ意味』
 大人の対(つい)としての存在である子ども。
 「子ども」を学ぶことで見えてくるものは何か
松岡 信義
(教授)

 

■第4回
食分野
10月13日(土)
10:00~12:00
『美味しさを"科学"する』
 身近にある食品の美味しさについて、
 目に見える「科学」の視点で解明する
納庄 康晴
(教授)

 

■第5回
食分野
10月20日(土)
10:00~12:00
『美味しさと健康』
 近年、健康食材が注目されているが、本当に信じていいの?
 そのウソ・ホントに迫る
納庄 康晴
(教授)

※時間は第1回・第3~5回は10:00~12:00、第2回のみ13:30~15:30

【講師紹介】

<第1回(福祉分野)>
有岡 道博(ありおか みちひろ)
■美作大学生活科学部 社会福祉学科 准教授

■大学での担当科目
「社会調査の基礎」
「児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度」
ほか

 

■研究業績など
「施設入所知的障害者の社会適応に関する検討」(発達障がい学会で発表)
「知的障害児・者施設生活指導員におけるPines Burnout Measureの構成概念に関する検討」(社会福祉学)
「福祉関連職におけるMaslach Burnout Inventoryの因子構造の比較」(社会福祉学)
「離島の子育てについて~岡山県笠岡市真鍋島でのフイールドワークを通して~」(美作大学紀要)

<第2回(こども分野)>
岡村 健太(おかむら けんた)
■美作大学生活科学部 児童学科 准教授

 

■大学での担当科目
「児童教育学概論」
「教育課程論」 ほか

 

■研究業績など
「G. H. ミードの社会的自我論に関する一考察−ミードの時間論に基づく『I』概念の再解釈を通じて−」『日本デューイ学会紀要第52号183-192頁(2011)』
「G. H. ミードの態度取得における教育的意義−ミードとデューイの言語概念を通じて−」『日本デューイ学会紀要第53号123-132頁(2012)』
ほか

<第3回(こども分野)>
松岡 信義(まつおか のぶよし)
■美作大学短期大学部 幼児教育学科 教授

 

■大学での担当科目
「児童学概論」
「保育原理」 ほか

 

■著作
『幼少期の育ちと大学教育』(大学教育出版)
『保育原理』(共著 福村出版)
ほか

<第4・5回(食分野)>
納庄 康晴(のうしょう やすはる)
■美作大学生活科学部 食物学科 教授

 

■大学での担当科目
「食品学Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」
「食品学実験」

 

■学術論文・学会発表など
「Phytosterols in onion contribute to a sensation of lingering of aroma, a koku attribute」『Food Chemistry (USA), 192 (2016)』
「『こく』を付与するタマネギ調味素材」 『月刊フードケミカル(8) 2014』
「Application of Plant-derived Antifreeze Protein for Food Preservation under Frozen Condition」『 IFT annual meeting(2014・New Orleans (USA))』
ほか

【申し込み方法】

申込書内の必要事項を明記の上、下記申込先にFAX、メール、申込フォーム、お電話でお申込みください。申込締切は8月31日(金曜)です。

【申込先】
美作大学 総務課内 公開講座係
TEL:0868-22-7718
FAX:0868-23-6936
メール:soumu@mimasaka.ac.jp (@を全角文字から半角文字の「@」にして送信してください)
申込フォーム:申込フォームへ

<受講申込書の個人情報は、公開講座関係のみに使用を限定し、厳重に管理運営いたします。>

お問い合わせ

美作大学 総務課内 公開講座係(〒708-8511 津山市北園町50)
TEL:0868-22-7718
FAX:0868-23-6936

2018(平成30)年度 美作学講座開講のお知らせ

美作学講座の今年度のテーマも「津山市史関連研究から」と題して、4回にわたって津山・美作地域におけるホットな研究成果を発表します。

 

開催概要

※受付は各回午後1時10分からとなっています。


●第1回 6月30日(土曜) 午後1時30分から
『津山地区のジャージー牛導入と結末』
 深見かづみ 氏 (津山市史執筆者 民俗編担当)

●第2回 8月18日(土曜) 午後1時30分から
『鉄道黎明期の津山における諸事情』
 小西伸彦 氏 (津山市史執筆者 近現代編担当)

●第3回 10月13日(土曜) 午後1時30分から
『美作の前期古墳』
 澤田秀実 氏 (作陽音楽短期大学准教授/津山市史執筆者 考古編担当)

●第4回 12月15日(土曜) 午後1時30分から
『岡山藩主小早川秀秋の時代』
 横山 定 氏 (岡山県教育庁文化財課参事/津山市史執筆者 近世編担当)

 

詳細

会場    美作大学(津山市北園町50)
参加費   無料・資料代実費
申込方法  申込不要・各回先着120名程度
主催    津山市教育委員会・美作大学地域生活科学研究所
 

お問い合わせ先


 〒708-8501 岡山県津山市山北520 津山市教育委員会生涯学習課
 TEL:0868-32-2118 FAX:0868-32-2147

 Eメール:gakushuu@city.tsuyama.okayama.jp