Home>キャンパスライフ>無料野菜市場

キャンパスライフ

Campus Life

無料野菜市場

写真:無料野菜市場で並べられた野菜とそれを手に持つ学生たち

教職員が提供するだけでなく、地域の方や卒業生らも新鮮な野菜を無料で提供してくださいます。学生のために余分に野菜を栽培し届けてくださる地域の方もおり、年に50回以上開催されています。約7割の学生が県外出身者であり、自炊していることから、このような新鮮な野菜が提供される場は、とてもありがたいものになっています。

無料野菜市場について

写真:無料野菜市場に多くの学生が集まっている風景

ここは、本館廊下の一角にある無料野菜市場。
地域の方、教職員、卒業生のみなさんが、無料で野菜を提供してくださる場所です。

写真:無料野菜市場に並んだたくさんの大根

これまで、届けられた野菜は、ほうれんそう、キャベツ、大根、トマト、お米など。
野菜市場にはとびきり新鮮な旬の野菜が並びます。

写真:無料野菜市場に並んだ葉物野菜

地域の方が、形がふぞろいで売れなくなった野菜をもったいないからと提供してくださったことをきっかけに、2010年に野菜市場がスタートしました。今では学生のために余分に野菜を栽培し届けてくださる地域の方もおり、年に50回以上開催されています。 約7割の学生が県外出身者であり、自炊していることから、このような新鮮な野菜が提供される場は、とてもありがたいものになっています。

写真:軽トラックに積まれたたくさんの大根とその前に立つ美作学園 藤原理事長

美作学園 藤原理事長も市場に野菜を届けてくれます。
「学長は人を作る人、ぼくは大根を作る人」。これは、藤原理事長が毎年、入学式で新入生に贈る言葉です。理事長は定期的に、軽トラいっぱいの野菜を積んで、大学にやってきます。今までに市場に出した野菜は、ピーマン、ナス、キュウリ、キャベツ、水菜、大根、米など多種多彩です。〝学生のサポートを〟と、丹精を込めて野菜を作り続けています。

無料野菜市場Q&A

誰が作った野菜かわかるの?

わかります。
野菜置場の周辺に提供してくださった方のお名前を掲示しています。

地域の方や教職員のほかに、これまで、どんな人が野菜を届けた?

学生の保護者、短大の同窓会会長、卒業生など。「美作ファミリー」はみんなあったかいんです。

なんで、こんな取り組みができるの?

アットホームだから。
学内では教職員と学生が挨拶を交わす「みんな顔見知り」の関係があります。また、地域の方は、「毎日挨拶してくれる学生に食べてほしい」と届けてくださいます。野菜の作り手が、学生の喜ぶ顔を思い浮かべながら野菜を作るというあたたかい関係が出来上がっているからこそできる取り組みなんです!

2017年度の様子

2017年度も、たくさんの方に野菜を提供いただきました。 ありがとうございました。

写真:ダンボール箱にたくさん入ったじゃがいも
写真:半分に切ってかごに入ったかぼちゃ
回数 提供いただいた野菜
4月 1回 キャベツ、ネギ坊主
5月 5回 たまねぎ
6月 11回 大根、きゅうり、ピーマン、なす、玉ねぎ、お米
7月 25回 きゅうり、ピーマン、なす、玉ねぎ、トマト、ゴーヤ、じゃがいも、スイカ
8月 6回 きゅうり、なす、ピーマン、スイカ
10月 6回 かぼちゃ、柿、じゃがいも、さつまいも
11月 5回 お米、柿、ジャンピー、ししとう
1月 1回 みかん

上記以外にも、たくさんの方に野菜を提供していただきました。