Home>キャンパスライフ>新着情報一覧>スポーツを通じて、交流をすすめる~みまさかスポーツ交流サークル『みまスポ』がフットサル教室を開催~

キャンパスライフ

Campus Life

スポーツを通じて、交流をすすめる~みまさかスポーツ交流サークル『みまスポ』がフットサル教室を開催~

2018年12月01日学生活動

11月10日(土曜)、『みまスポ』のメンバー17人が、美作大学体育館でフットサル教室を開き、参加者2人と一緒にフットサルを楽しみました。

 

resize_01image1.jpg

 

resize_03image3.jpgresize_04image4.jpg

 

『みまスポ』とは、『美作大学みまさかスポーツ交流サークル』のことで、「実際スポーツを通じて、精神障害を抱える人が地域で気軽に社会参加できる場をつくること」をめざし、大学社会福祉学科の学生が中心となって活動しています。

今回のフットサル教室も、その目的のもと、企画し、開催しました。参加者は学生たちとフットサルを通じて汗を流し、交流していました。

<記事作成>

杉本健悟さん(社会福祉学科2年/鳥取県鳥取中央育英高出身)

小林真依さん(社会福祉学科2年/岡山県作陽高出身)

 

resize_02image2.jpgresize_05image5.jpg

 

代表の杉本健悟さん(社会福祉学科2年/鳥取県鳥取中央育英高出身)は、「参加者は2人と少なかったですが、活動に興味を持って参加してくれた方がいたのでうれしかったです。今後もこのようなイベントを通じて、少しでもみまスポの活動を知ってもらえるよう取り組んでいきたいと思います。」と話していました。

 

resize_1543459334416.jpg

学生活動カテゴリー

新着情報一覧