Home>キャンパスライフ>新着情報一覧>タイブレーカーの末、辛くも勝利〜大学女子ソフトボール部がインカレに出場〜

キャンパスライフ

Campus Life

タイブレーカーの末、辛くも勝利〜大学女子ソフトボール部がインカレに出場〜

2018年09月01日学生活動女子ソフトボール部

8月30日(木曜)から石川県金沢市で開催されている「文部科学大臣杯 第53回全日本大学女子ソフトボール選手権大会(インカレ)」に美作大学女子ソフトボール部が中国地区代表をして出場しています。

 

女子ソフトボール部は、8月30日(木曜)に開会式を終え、8月31日(金曜)の初戦に登場しました。

対戦相手は、創部5年目で初めてのインカレ出場となる関東地区代表の白鴎大学(栃木県小山市)。

初出場のチーム、関東のチームということもあり、相手チームの情報がほとんどない中、慢心なく自分たちの練習してきた力をすべて出して戦い、勝つことを目標に試合に臨みました。

 

写真:プレイボールの挨拶。両チームがホームベース上に並ぶ

 

結果は下記のとおりです。

会場:専光寺ソフトボール場第2球場(石川県金沢市)

 

  • 試合結果

白鴎大学(関東地区代表)2-3美作大学(中国地区代表)
  1 2 3 4 5 6 7 8
白鴎大学(栃木県小山市) 0 0 0 0 0 0 2 0 2
美作大学 0 1 0 1 0 0 0 3

 

 

写真:試合開始直前に円陣を組む選手たち

 

  • 観戦メモ

先発の溝田 玲奈さん(大学児童学科1年・大阪明浄学院高校出身)の力のこもったピッチングとそれを支える捕手荻野 真鈴さん(大学食物学科3年・三重伊勢学園高校出身)のリード、加えてバックの守りで何度かあったピンチをしのぎ、粘りのソフトボールを見せました。

 

写真:チームを鼓舞する捕手荻野さん写真:投手溝田さんの力投

 

写真:マウンド上に集まる内野陣写真;外野フライを飛びついて捕球する一岡さん

 

攻撃は自分たちのペースをなかなか握ることができずに苦戦しましたが、数少ないチャンスの中、末本 歩美さん(大学児童学科1年・神戸野田高校出身)がヒットを放ち、6回裏を終わって2点リードしました。

 

写真:セーフティーバンドを試みる一岡さん写真:2打点の活躍の末本さん

 

7回表に相手チームに連打を浴び、2失点で同点とされ、試合はタイブレーカーに突入。選手たちは落ち着き、チーム一丸となり1点をもぎ取る攻撃を仕掛けました。

麦谷 梨緒さん(大学児童学科1年・広島清水ヶ丘高校出身)の犠牲フライで決着しました。

 

写真:タイブレーカーの8回裏の送りバントをする荻野さん写真:5番打者麦谷さんの犠牲フライのスイング

 

写真:3対2で勝利したことを示すスコアボード

 

試合には、遠く金沢の地まで選手の家族などの関係者や卒業生の関係者、大学教職員もかけつけ、声援を送っていました。

なお、2回戦の対戦相手は、近畿地区代表の武庫川女子大学(兵庫県)に決まっています。

 

写真:試合直後に全員で記念撮影

 

 

文部科学大臣杯 第53回全日本大学女子ソフトボール選手権大会 大会組み合わせ

学生活動カテゴリー

新着情報一覧